東日本大震災 原発作業員 (2) - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【労働環境】原発作業9人の鉛カバー使用認める 建設会社役員

 東京電力福島第1原発事故の収束作業を請け負った福島県の建設会社「ビルドアップ」(和田孝社長)が、作業員の警報付き線量計(APD)を鉛のカバーで覆っていたとされる問題で、同社は21日、9人がカバーを使用したと役員が認めていることを明らかにした。

 ビルド社は、カバー使用を指示した役員から和田社長が電話で聞き取った内容を公表した。聞き取りによると、カバーで覆って使用したのは1度で、その後は使わなかったという。作業は資材運搬などで、3時間程度だった。

 役員は「事前に現場に行った際、APDの音に驚き、鉛防御のイメージが頭の中に浮かんだ」と話し、和田社長が認識について尋ねると「申し訳ありません。その時は測定器の遮蔽しか考えつかなかった」と答えたとしている。

 関係者によると、指示したのは50代の役員。昨年12月1日、作業員宿舎で作業員に鉛板で作ったカバーを示し、翌日の作業で装着するAPDをカバーで覆わせた。

 累積被曝(ひばく)線量が高くなった役員が、遮蔽効果が高いとされる鉛でAPDを覆って線量を偽装しようとし、自分だけ装着した場合、1人だけ極端に線量が低くなって偽装が発覚するのを恐れたとみられる。

 ビルド社が請け負っていたのは、汚染水を処理する設備の配管が凍結しないようホースに保温材を取り付ける作業。作業現場付近の空間線量は毎時0.3〜1.2ミリシーベルトだった。工期は昨年11月下旬から今年3月。

 ビルド社は東電グループの東京エネシス(東京)の下請け企業。厚生労働省は労働安全衛生法違反の疑いもあるとみて調査を進めており、21日に福島労働局などが第1原発内の関係先を立ち入り検査。東京エネシスの作業員の名簿などの書類を確認した。〔共同〕

ソースは
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK2100P_R20C12A7000000/

日本の企業経営者のモラルなんてこの程度って言うのはもう散々見せ付けられた。

これはもう殺人未遂で立件した方が良いかもしれない。

原発奴隷は無くして、彼らがいなくもできるだけ安全に点検できるような技術開発をした方がいいと思う。

結局、こういう『原発関連会社』も改革を邪魔しているんだと思う。

いざというときに決死隊は必要になるかもしれない。

でも、その決死隊もできるだけ健康被害を受けないようにししないといけない。

こういうことをすると低い線量でも白血病が発生するということになり、色々な対策が遅れるだけと聞く。

実際に福島第一原発で復旧作業中の作業員の中からこのような問題が出てくるという事は、他の企業、他の作業員に対しても行われているのだろうな。

最終的には原発復旧作業員が枯渇し、誰も行きたがらない状況になり、さらなる悲劇を生みそうだ。

あの瓦礫の中から高濃度の放射能を発生させている燃料棒を取り出すまではこの復旧作業は終わらない。

福島第一原発で復旧工事をされている作業員のメンタル、いかに鼓舞しミスの内作業を行えるかとても重要である。

このような異常な事を指示された作業員がとても重要な作業を行い、途中で倒れたりして想像する事の出来ないような事故が起こるかもしれない。

人間は完全なるものではない。

体調管理を怠ればさらなる大惨事が起こる可能性があると言う事を認識し、福島第一原発の復旧作業にあたってもらいたい。

福島第一原発で復旧作業を行っている作業員の方々には敬意を払うが、ルールは必ず守って頂きたい。

このような事を見たり聞いたりすると、原子力発電所と言うものは要らないと思った。

大飯原発が稼働した事により次々と原発再稼働が進み最終的には全ての原発が何事も無かったかのように再稼働しそうな機運である。

使用済み燃料棒の処理の問題も解決しないまま次々と動き出す原子力発電所。

果たして本当にこれで良いのか?

私は皆に問いたい。

私の意見はNoだ。


ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。