東日本大震災 原発作業員 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【社会】福島第一原子力発電所の復旧作業に当たっていた男性作業員が死亡

東京電力福島第一原子力発電所の復旧作業に当たっていた50代の男性作業員が、体調不良を訴えて病院に運ばれ、27日夜、死亡しました。
東京電力は、「診断書を確認していないため、男性の死因は公表できない」としています。

東京電力によりますと、今月25日の午前9時すぎ、福島第一原発3号機の原子炉建屋で、カバーを設置する準備作業を行っていた50代の男性作業員が、福島県広野町にある会社の資材置き場で体調不良を訴えて一時心肺停止状態となり、いわき市の病院に運ばれました。
その後、27日午後11時半すぎに、男性が亡くなったと会社から東京電力に連絡があったということです。
この男性は、おととし6月から福島第一原発の復旧作業に当たっていて、これまでの被ばく量は、作業員の通常時の年間限度となっている50ミリシーベルトより低い、25ミリシーベルト余りだということです。
東京電力は、「診断書を確認していないため、男性の死因は公表できない」としています。
福島第一原発では事故のあと、これまでに男性作業員5人が心筋梗塞などで亡くなっています。

ソースは
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130301/k10015868951000.html




こういう、コンプライアンスを無視することが前提で成り立つ事業など、これ以上社会的に許されては行けないと思う。

原発は、別に安くも何ともない。

通常の運転時だけを考えれば火力の方が安く上がるのかも知れないが、相対的に比べれば原発の方が高い。

使い続ければ続けるほど、厄介者の金食い虫である使用済み核燃料が増え、何処にでも捨てられるわけでもなく、何十年もの長い間管理された区域で保管せねばならない。

残り50基の原発も、だいぶ老朽化してきたし、福島原発事故もいまだ収束していない。

この辺が、原発という事業を損切りする潮時だと思う。

いったん原発事故が起こると、事故現場は、労働基準監督署も、警察も立ち入れない、無法地帯と化す。

周辺地域においても、原子力関連の法令が守られず、私有財産の損害も、法令に則って適切に保障されない。

こんなことが発生するのは、原発事故だけだ。

火力発電所の事故でも、化学工場の事故でも、飛行機事故や自動車事故でも、このようなコンプライアンス蹂躙は起こらない。

ある意味、戦争のようなもので、原発というものが、いかに社会の中で、異常な存在であるか。

許容し難い、許容すべきでないものか。

原発推進者は、このあたりについて、いつも議論をせずに先に進もうとしている。

安倍晋三総理も『安全性を確保した上で』と言う言葉を使い原発の再稼働をすると公言しているが、何が安全か、どうすると事故が起こらないかなどを明確にしないで原発を動かすのだけは止めて欲しい。

最早人類は電気のない生活など無理だ。

何らかのリスクを背負わなくてはならないのだろうが、原発というリスクはあまりにも重すぎると私は思う。




ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。