エンターテイメントニュース - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【娯楽】2012年テーマパーク訪問者数、世界トップ10

【6月25日 Relaxnews】2012年の世界のテーマパーク訪問者数は前年と比べて5%増加した。アジア各地のテーマパークの人気が高く、近い将来、北米の訪問者数を上回るだろうと業界筋の報告書は予測している。

 米カリフォルニア(California)州のテーマド・エンターテインメント協会(Themed Entertainment Association)が作成した「2012テーマインデックス(Theme Index)」は、アジア地域でのテーマパークの人気が衰えないことと、中国で過去最大のテーマパークがオープン予定であることから、アジアが世界のテーマパークの中心になりつつあるとまとめている。

 上海ディズニー(Shanghai Disney)は2015年にオープン予定で、初年度の訪問者数は1000万人を見込んでいる。

 アジアでのテーマパークの成長について専門家らは、テーマパークがカジノやショッピング施設、文化施設などを併設することで「統合型リゾート」としての魅力を獲得し、幅色い層に受け入れられていると評価している。

■2012年のテーマパーク訪問者数トップ10

1位 マジックキングダム(Magic Kingdom):1753万6000人、米フロリダ(Florida)州ウォルト・ディズニー・ワールド(Walt Disney World)内

2位 ディズニーランド(Disneyland):1596万3000人、米カリフォルニア(California)州アナハイム(Anaheim)

3位 東京ディズニーランド(Tokyo Disneyland):1484万7000人

4位 東京ディズニーシー(Tokyo Disney Sea):1265万6000人

5位 ディズニーランド・パリ(Disneyland Paris)、:1120万人、仏マルヌラヴァレ(Marne-la-Vallee)、ディズニーランド・リゾート・パリ(Disneyland Resort Paris)内

6位 エプコット(Epcot):1106万3000人、米ウォルト・ディズニー・ワールド内

7位 ディズニー・アニマル・キングダム(Disney’s Animal Kingdom):999万8000人、米ウォルト・ディズニー・ワールド内

8位 ディズニー・ハリウッド・スタジオ(Disney’s Hollywood Studios):991万2000人、米ウォルト・ディズニー・ワールド内

9位 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(Universal Studios Japan):970万人、大阪

10位 アイランズ・オブ・アドベンチャー(Islands of Adventure):798万1000人、米フロリダ州ユニバーサル・オーランド・リゾート(Universal Orlando Resort)内

ソースは
http://www.afpbb.com/article/economy/2952487/10960591




この来園者の数字を見ると不景気を忘れてしまいそうだ。

東京ディズニーランドと東京ディズニーシーを足すと約2800万人もの人達が来演しているという事実。

入場料だけでも安くないのに、入園後に使われる飲食、お土産等の費用を考えると莫大なお金が動いていることが容易に想像つく。

正に夢の国だ。

不況などという言葉は知らないのだろう。

あやかりたいものだ。




ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。