企業ニュース (5) - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【労働】伊藤忠、働き方を朝型に:深夜残業を禁止、早朝手当を増額・軽食も無償提供

 仕事は深夜よりも早朝に―。伊藤忠商事は2日、残業削減に向け社員の働き方を夜型から朝型に変えるため、深夜の残業を禁止し、早朝の時間外手当を増やす新たな制度を10月から試験的に始めると発表した。

 夜の残業は疲れる上、区切りがつきにくく効率が悪い。同社は「業務の効率化や健康管理だけでなく、家庭や子どもを持つ女性も働きやすくなる」と新制度の狙いを話している。

 新しい勤務制度の狙いは、勤務時間の午前9時から午後5時15分の間に仕事をできるだけ終わらせ、残業しないようにすること。やむを得ない場合も、翌朝に「残業」するようにする。

 早朝に働くメリットを感じられるよう、午前5時から同9時までの時間外手当の割増率を従来の25%から50%に引き上げる。同8時前に仕事を始めた社員には、バナナやヨーグルトなどの軽食を無償で提供する。

 一方、午後8時以降の勤務は原則禁止する。午後10時から午前5時の勤務は禁止し、午後10時には完全に消灯する。

 対象は管理職を含めた国内の正社員約2600人。来年3月末までの時限的な措置で、残業時間の変化などを検証し、正式に導入するか決める。

ソースは
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2013/08/02/kiji/K20130802006344540.html




確かに夜の残業はダラダラして効率悪いし、永遠と続き翌朝までなどと言うことが良くある。

この取り組みはとても画期的だと思う。

朝チンタラ仕事をしていては他の社員も出社してきてしまうから、決められた時間内で如何に仕事を終わらせるかという事にもなり効率も飛躍的に上がることだろう。

この制度をいろんな所へ普及させて欲しい。




ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。