学校ニュース (2) - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【ワタミ】渡辺美樹理事長の学校法人「私たちの学校経営は先生が生徒のために死ねる経営です」

今夏の参院選に自民党公認で出馬する渡辺美樹・ワタミ会長が理事長を務める学校法人「郁文館夢学園」で、生徒に反省文100枚を書かせるなどして、退学者が相次いでいることが週刊文春の取材でわかった。

渡辺氏は2003年、破綻寸前だった郁文館高校・中学の経営再建に名乗りをあげ、理事長に就任。渡辺氏は、「私たちの学校経営は先生が生徒のために死ねる経営です。その経営についてこられない人はどうぞやめてください」と全教職員に話し、教員に携帯電話番号を生徒に教えさせ、「365日24時間電話していい」と伝えるよう求めた。また、給料削減を実施するなどした結果、2003年から2年間で100人弱の教員のうち30人が退職した。

問題を起こした生徒に対しては、400字詰め原稿用紙100枚の反省文を書かせ、提出するまでは授業を受けさせないなどのペナルティを与え、反省文を書きたくなくて転校する生徒もいたという。今年3月に郁文館中学を卒業した生徒によれば、一学年約160人のうち10人以上が退学している。

郁文館は次のように回答した。

「(2年で30名の教師が退職したのは)事実です。(今年卒業した中学生で)転退学したのは14名です。(100枚の反省文を書かせるのは)二度と同じ過ちを繰り返さないという気持ちになってもらいたいと考えているからです」

渡辺氏にも取材を申し込んだが、回答はなかった。

渡辺氏は自著で、<つぶれそうな学校をさらに引き受けて、夢教育を導入し、「夢教育学校連合」を日本全国につくる事業に私は邁進する>(『教育崩壊』)と宣言しており、国会議員に当選後、どのような教育政策を推進していくのか注目される。

ソースは
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/2827




この記事が事実であると言うことから、これはやばすぎだ。

2年で30人もの学校教師が移るなんて聞いたことない。

学校経営も教育現場というより金儲けとしか考えてないんだろな。

だから24時間働け、生徒の対応を寝ずにやれと教師にも圧政して居るのだろう。

それに渡辺美樹氏は、『死』という言葉を簡単に使いすぎる。

『死』と言う言葉はこんなにたやすく使って良いものではない。

これではどこかの宗教法人と一緒で死後の世界を謳った洗脳と一緒だ。

で、渡辺美樹理事長はその命がけで働けと命令した教師のために何をしてやってきたのかなと問いたい。

給与も碌に与えず、残業代も支払わない。

さらに、権利であるはずの有給休暇でさえ取得させない。

渡辺美樹氏が経営者として評価される理由が分らない。

独裁者の悪者としてよくヒトラーが上げられるが、政策面では良いと思われる事を結構している。

一例を挙げるが、ヒトラーは労働者がちゃんと結婚できるように結婚資金を低利で貸し付けて子供ができたら借金帳消しにするような政策もしているし、何より自国の国民に対しては手厚い保護を最優先としていた。

他国に対しては戦争を起こしたりもして良い印象はないが・・・。

渡辺美樹氏は、死ぬまで働け、望んだ成績を出せ、批判する者は去れと無理難題ばかり掲げてヒトラーと比較するのもヒトラーの方が可哀想だと感じる。

経営というものをよく考えてみると、顧客へのサービスを至上の目的とすると、大抵どっかにしわ寄せくる。

黒字会社なら労働者か取引先に、赤字会社なら株主に。

でも、顧客はそこまでのサービスを求めているのだろうかとも思う。

客がはなれない程度に手抜きするのが良い経営ではないだろうか。

みんなみんなが一杯一杯では息苦しいだけだ。

最後にこれだけは言いたい。

まずは、先生の為に死ねる経営者になってから言え。

そして、先生、ワタミグループ全従業員に自分(渡辺美樹氏)の携帯番号教えて「365日24時間電話していい」ようにし全てに対応しろ。

渡辺美樹氏は「他人の死」についてあまりに無頓着すぎる。




ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。