モバイルニュース (5) - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【携帯】サムスン、ドコモの決断に憤慨 iPhoneは薬になるか毒林檎になるか

 ドコモにとって「アイフォーン」の発売はもろ刃の剣だ。ソフトバンクやKDDIに顧客が流出する最大の原因を消すことで、シェア挽回への環境をつくることができる。

 しかし、米アップルがスマホ向けのアプリ(実行ソフト)やコンテンツ(情報の内容)サービスの収益を握るアイフォーンの販売増は、ドコモが携帯向けに開発してきた独自サービスを使わない顧客を増殖させることを意味する。

 ドコモは「このままでは通信事業者は土管化する」(山田隆持前社長)という危機感で幅広い分野のコンテンツを集め、新規事業を開拓してきた。だが、これらの資産を生かせない市場づくりに自ら手を貸すことになる。

 今回のドコモの決断について「アイフォーンはドコモにとって、毒にも薬にもなる」(市場調査会社)との見方があるのはこのためだ。

 もちろんドコモは、アイフォーンが“毒リンゴ”にならないための布石を打ってきた。独自サービスを使える主力機種をアイフォーンと双璧に育成するための「ツートップ」戦略。一方で、他社の顧客向けにも独自サービスを開放し、収益基盤を拡大する取り組みだ。ただ、これらの準備はまだ緒に就いたばかりだ。






この決断に至までの時間が掛かりすぎだ。

出遅れ感は否めないし、取り戻せるのだろうか?

サムスンとの繋がりもこの際切ってしまえば良い。

ギャラクシーなど危なくて使えたものではない。

ギャラクシーという機種だけだ。

ネットを調べれば幾らでも出てくるが、発火絡みから家が燃えたり火傷になったりと危険な要素がいっぱいだ。

docomoも世の中を良く見渡した方が良い。

一番スマートフォンを使う世代が一番情報を持っていて何でも知っていると言うことを。

彼らの要望に応えることが出来なくば衰退して行くのみだ。




ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。