原発ニュース (2) - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【原発】電源喪失事故の韓国・古里原発1号機の非常用ディーゼル発電機、現在も故障したまま

 韓国政府機関の原子力安全委員会は16日、全電源喪失事故を先月9日に起こした同国南部・釜山市にある古里原発1号機について、当時稼働しなかった非常用のディーゼル発電機が現在も故障したままであることを明らかにした。

 事故後1カ月以上も故障を放置していたことになり、事業者の韓国水力原子力に対する批判がさらに強まりそうだ。

 同委員会によると、今月15日に同発電機の性能試験を行ったところ、空気取り入れ用バルブの故障のため稼働しなかった。同委員会はこのため、別の非常用発電機などについても、徹底的な点検を実施する計画だ。

 また知識経済省は16日、稼働中の全ての原発について、外部専門家らの立ち会いの下で、今月中に非常用ディーゼル発電機の特別点検を行うよう韓国水力原子力に指示した。

 原子力安全委員会は、専門家23人で構成した調査団を13日に古里原発に派遣し、電気系統を中心に機器の状態を詳しく調べている。

 また同委員会への事故報告が約1カ月後だった「事故隠し」問題で関係者の聴取を進めているが、現時点の調査では、事故報告は当時の発電所長の段階で止まっていたとみられるという。(共同)

ソースは
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp1-20120316-918488.html

韓国では地震も津波も起こっていないのにこのような事態に陥っている。

とても異常な国である。

阪神大震災で韓国人が日本国を馬鹿にしたら三豊デパート崩壊事件が起きた状態と同じような光景だ。

原子力というエネルギーは技術が未熟な国、管理運営がきちんと出来ない国は運用するべきではない。

それこそ、地球という人類共通の住み家が失われてしまう。

韓国で原子力発電所の事故が起こったとすれば、放射能は風に乗り海を越えてやがて日本国へ達する事だろう。

風向きによっては韓国本土は全く放射能汚染を受けないかもしれない。

そのような位置に韓国は多くの原子力発電所を建造している。

韓国は、米・仏・日・ロに次ぐ世界第5位の原子力発電所保有国。

1978年、釜山市北西部の機張郡でコリ(古里)原子力発電所第1号機が稼動を始めて以来、33年の歴史がある。

bbc6177b458ac172f3855ac56c145256.jpg


しかし不安でならない。

福島第一原子力発電所の事故による、原発の主立った害は未だに報道されてこないが、本当のところはどうなのであろうか?

噂に過ぎないのだろうが、出産を控えた妊婦さん達が奇形児を恐れ子供を生む事を辞めているとか、放射能汚染によりなくなっている人が居るとか、色々な情報が飛び交っている。

自分の目で見たわけではないので本当のところは分からない。

前にもか記したが、ただ一つ間違いないのは、不安でならないと言う事。

何事もなければ、それが一番良いのだが、悪い方向へと考えると・・・。

今の日本国の政治やマスコミの報道体制を見ているとこの不安な気持ちは消えそうにない。

何事もなく時が流れて行く事を祈るばかりだ。


ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。