【PM2・5大気汚染】 世界銀行 「中国全土で年間35万〜40万人が死亡している」 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【PM2・5大気汚染】 世界銀行 「中国全土で年間35万〜40万人が死亡している」

 肺がんなどを引き起こす中国発の有毒物質「PM2・5」の脅威が再び日本に迫っている。中国東北部で先日、大気中の濃度が基準値の13倍を記録し、一部の地域で視界10メートル程度の状況に陥った。バブル崩壊懸念のなか、大気汚染でビジネスなどで訪れる外国人客も激減し、経済への打撃は大きく、中国財務省も急きょ約800億円の対策費を拠出する事態に。この毒入り大気は対岸の火事ではなく日本にもじわじわと押し寄せつつある。沖縄県・尖閣諸島の強奪をねらう隣国の、想像を絶する大気汚染とは−。

 中国が異常事態に見舞われている。

 黒竜江省ハルビン市の一部地域で21日、微小粒子状物質「PM2・5」濃度が基準値(大気1立方メートル当たり1日平均75マイクログラム)を大きく上回る1000マイクログラムを観測。猛烈なスモッグに覆われ、一部では視界が10〜15メートルとなった。

 市内全ての小中学校が休校になったほか、路線バスの運休や高速道路の閉鎖なども相次ぎ、吉林省では視界不良が原因で、20日夜から21日未明にかけ、高速道路で14件の交通事故が発生した。

 北京市も深刻で、20日に開催された北京マラソンではマスク姿のランナーが見受けられる異常ぶり。また、香港紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」などによると、米国の人気ジャズ歌手、パティ・オースティンさんが訪問中の北京市でぜんそくの発作に襲われ、18日夜のコンサートへの出演を中止した。北京のファンもインターネット上の掲示板に「私たちの(街の)空気が悪過ぎて、彼女に害を与えてしまった」と書き込んだほどだ。

気象専門家は「PM2・5」のこの濃度について、「上空の気流が弱まり、汚染物質が高まりやすくなっているのが要因」と指摘。直接の原因は、急激な発展に伴う工場の煙、車の排ガス、石炭を使用する家庭用暖房による煤煙(ばいえん)の垂れ流しにある。

 「影の銀行(シャドーバンキング)」問題などで国際通貨基金(IMF)が中国のバブルに警告を発するなか、この大気汚染は経済にも深刻な影を落とし始めている。

 国家観光局の統計によると、観光やビジネスなどで中国を訪問した外国人旅行客は1〜9月の累計で、前年同期比5・0%減の1936万3100人にダウン。国別では日本が23・8%減と落ち込みが最も激しく、中国への旅行客数がトップの韓国も3・7%減となり、米国も2・5%減となった。急きょ同国の財務省は北京、天津、河北など5省1自治区に50億元(約800億円)の対策費を拠出することを決定。環境改善に本腰を上げたが「この程度の額では難しい」(関係者)との見方が強い。

 この毒入り大気。吸い込んではいけないかなり危険なものだ。

 「PM2・5」は、直径2・5マイクロメートル以下の微小粒子状物質(直径が髪の毛の約40分の1以下)で“極小”であることから、呼吸器の奥まで入り込み、さまざまな疾患を引き起こす。

 世界保健機関(WHO)の専門組織、国際がん研究機関(本部フランス・リヨン)は先日、「PM2・5」の発がんリスクを5段階の危険度のうち最高レベルに分類し、肺がんのほか、ぼうこうがんのリスクを高める可能性があると指摘した。

 実際、北京大学が行った昨年の調査では北京、上海、広州、西安市で、これを原因とする死者は「年間800人に上る」とされ、世界銀行などは、中国全土で年間35万〜40万人が死亡しているとの試算を出している。

 日本もこの「目にみえない敵」におかされだしている。福岡、佐賀、長崎、熊本県は今月3日、午前11時までの1時間平均濃度が、大気1立方平方メートル当たりの国の環境基準(1日平均35マイクログラム)を超えたと公表した。

 驚くべきことに、例年、大気汚染が弱まる傾向にある真夏でさえ、中国発の毒入り大気は日本にやってきていた。

 富山県立大学工学部環境工学科の渡辺幸一教授によると、8月上旬からお盆にかけて、富山県で「PM2・5」と相関性の高い微粒子が数多く観測されたという。

 光化学スモッグの要因となる物質「光化学オキシダント」の濃度が上昇した地域も全国で多かったといい、渡辺氏は「今年の夏は太平洋高気圧が西にずれて西からの風が入りやすい状況になったため、中国からの大気汚染の影響が出て、日本で例年と比べて強い濃度の汚染が確認された」と分析する。

 隣国の大気汚染は、これからますます本格化する。汚染源の一つ暖房用の石炭利用が冬にかけて加速するからだ。

 渡辺氏は「台風の時期は日本列島への大気汚染の影響は少ない。秋の移動性高気圧などで西から弱い風が吹いてくると、今後、日本列島に飛来することは十分に考えられる。冬になると大気も滞留しやすくなり、日本でもさらなる警戒が必要」と忠告する。

 防御するにはどうすればいいか。「PM2・5」対策用などの高機能マスクもあるが、手頃なものでも5枚700円前後〜と花粉症対策用と比べると割高。医療関係者は「廉価な市販のマスクを湿らせて2枚重ねにするのが手っ取り早い」とアドバイスする。

 「『PM2・5』の主成分である硫酸性の微小粒子は水を吸着しやすく、水分を含むと粒子が大きくなる。二枚重ねだと、内側のマスクで粒子の侵入を防げる可能性が高くなる」

 尖閣だけでなく、中国からの“侵略”は徹底して自己防衛するしかない。

ソースは
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20131022/frn1310221810006-n1.htm




この汚れた空気が、日本のほうに流れてきてるんだよな・・・。

とくに西日本は、影響が大きいと思われる。

傍迷惑な話だ。

自分の身は自分で守って行くしかない。


ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/378263280

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。