【自動車】ホンダ フィット、新型発売1か月で6万2000台を受注…月販計画の4倍 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【自動車】ホンダ フィット、新型発売1か月で6万2000台を受注…月販計画の4倍

ホンダは10月7日、新型『フィット』『フィット ハイブリッド』の受注状況を発表した。

9月6日に発売した新型フィット/フィット ハイブリッドの、発売後約1か月での累計受注台数は、10月6日現在、月間販売計画の約4倍となる、6万2000台を超える好調な立ち上がりとなった。

受注の内訳は、フィットが30%、同ハイブリッドが70%となっている。

グレード別構成比は、フィットが「13G・Fパッケージ」45%、「13G・Lパッケージ」34%、「RS」7%。同ハイブリッドが「Lパッケージ」43%、「Fパッケージ」36%、「Sパッケージ」19%となっている。

年齢や性別を問わず、幅広い層が購入しているという。

ソースは
http://response.jp/article/2013/10/07/208008.html




とても良いことだと思うし、どの自動車メーカーもこのように大衆にうける自動車を作らなくてはならない。

新型フィットの魅力は何処にあるのだろうか?

私には欲しいとは思わないのだが、引きつける魅力があるのだろう。

どの自動車メーカーも頑張って、売れる自動車を作り、日本国の経済を先導していって欲しい。

自動車が沢山売れることが景気回復するための最大の近道だと私は思う。


ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。