【交通事故】無免許17歳建設作業員の少年運転の車(レンタカー)が7歳女児をはね重態 岐阜 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【交通事故】無免許17歳建設作業員の少年運転の車(レンタカー)が7歳女児をはね重態 岐阜

 4日午後3時半ごろ、岐阜県高山市上切町の県道を自転車で横断していた同市赤保木町の小学2年の女児(7)が、同市漆垣内町の建築作業員の少年(17)が運転するワゴン車にはねられた。女児は病院に運ばれたが、頭を強く打って意識不明の重体。県警高山署は、少年を道交法違反(無免許運転)と自動車運転過失傷害の容疑で現行犯逮捕した。

 同署によると現場は片側1車線の見通しのよい直線道路で、信号や横断歩道はなかった。少年は「女の子が歩道にいたのには気付いていた」と話しているという。車はレンタカーで、中学2年(14)から高校1年(16)までの少年4人が同乗していた。普通自動車免許は18歳まで取得できないことから、同署は別の人間が車を借りたとみて、調べている。

ソースは
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130804-00000044-mai-soci




無免許の事故は車を凶器とした傷害事件だと言えるのではないだろうか。

これも京都の事件みたいに無免許運転を過去にもしていた経験があることから、運転能力は有る。

なんて理由で危険運転致死罪は適用されずに、軽い刑罰で済まされてしまうのだろうか。

世の中やっぱりおかしくなっている。

いい加減、自動車免許証を差し込まないと自動車が動かないようにとか、Suicaのようにかざせばエンジンがかけられると言ったようにする必要もあるかもしれない。

ICカードの技術を使えば直ぐに出来るはずだ。

免許証不携帯もなくなるし自動車と運転免許証のセットで登録しとけば盗難問題とかもなくなり、防犯にもなると思う。

もう忘れてしまった人が居るかもしれないのでもう一度記すが、京都の亀岡での居眠り運転で10人がはねられて3人が死亡した事故で警察が『免許持ってないけど運転能力はある』って認めているのだし運転試験の合格・不合格は、自動車の運転能力と一切関係ないって例が出来てしまっている。

今後もこの判例は取り上げられ、無免許運転の刑罰の軽減に一役買うことだろう。

法律を改正するのには時間が掛かる。

無理な話だが、自分の身は自分で守るしかないと言うことか。




ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
無免許の事故は、未必の故意として、殺人や傷害を適用すべき。
Posted by coffee at 2013年08月06日 11:28

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。