【ゆとり】今度は「ミニストップ」アイスケースに高校2年の男子生徒、Facebookに投稿し発覚 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【ゆとり】今度は「ミニストップ」アイスケースに高校2年の男子生徒、Facebookに投稿し発覚

 京都府向日市のコンビニ「ミニストップ向日寺戸町店」で、男性とみられる客が売り場のアイスクリーム用冷凍庫の中に入り、その様子を撮影した写真が短文投稿サイト「ツイッター」に投稿されていたことが25日、分かった。

 ミニストップによると、23日夜、数人の客が来店。店員がレジで接客中、そのうちの1人が冷凍庫の中に入った。写真はその日のうちに投稿された。店は発覚後、冷凍庫の中の商品を撤去。別の冷凍庫を設置し、新しい商品と入れ替えた。ミニストップは向日町署に被害を届け出た。

 同店では23日午後10時〜25日正午に販売した冷凍庫の中の商品については返金するとしている。

 高知市の「ローソン高知鴨部店」で、男性アルバイト店員が冷凍庫の中に入って横になった様子を友人に撮影させ、写真を交流サイト「フェイスブック」で公開していたことが、15日に発覚している。

ソースは
http://sankei.jp.msn.com/life/news/130725/trd13072520360012-n1.htm




どうしてこういうお馬鹿さんがいるのか、私はがっかりだ。

数日前にローソンで起こった事、事の重大さが分って居ないのか?

そもそもFacebookに投稿する意味が分らない。

今ではネットが少し使えるレベルで、この写真をFacebookに投稿した人物やアイスケースに入った人物、友人関係まですぐさま検索することが可能だ。

スクリーンショットやら魚拓やら色々な方法でネット中に拡散し、本人達が削除しようとしてもほぼ不可能だ。

なぜ分らない?

夏休み後に登校する予定だった学校も行くことが出来なくなるだろうし、この一件で人生がぐるりと変わることは間違いない。

警察には被害届が出ているし、示談に持ち込むには大人しくは損金保証のお金、けして安いお金ではない、お金を払うしかない。

アイスケース取り替え代、商品廃棄、この問題に対応した社員や業者の人件費、これらを単純に計算しただけでも100万円を遙かに超える事だろうし、アイスクリームを売ることができない機会損失分を休業損害としても請求できる。

この人物の保護者は泣きたいだろうな。

夏休みに弾けたいのは分る気がするが、他人に迷惑をかける行為だけはしないで欲しい。

真面目に勉学やスポーツなどの部活動に励んでいる人達の足かせになる。

この世代が全てこういう人間の集まりに見えてしまう。

この問題に携わった人物達は事の重大さに気づき、反省し二度とこのような馬鹿げた事例が出てこないことを願う。




ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
バカは後を絶たない。
Posted by coffee at 2013年07月27日 10:40

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。