【国際】肉食バエの幼虫、女性の頭の内部を食い荒らす - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【国際】肉食バエの幼虫、女性の頭の内部を食い荒らす

ペルーを旅行した英国人女性、ラシェーリ・ハイスさん(27)は頭痛を訴え、病院で検査を受けたところ、頭部には肉食のハエの幼虫が見つかった。幼虫は皮膚を破って内部から頭を食していた。インターナショナル・ビジネス・タイムズが報じた。


ハリスさんは旅行中、頭にハエがとまっていたのには気づいたものの、特に注意を払わなかった。ところが帰国と同時に頭部に激痛を感じ、病院に駆け込んだ。医師らはハリスさんを詳しく調べたところ、頭部に肉食虫のCochliomyia hominivoraxの幼虫8匹が見つかった。

幼虫はハリスさんの頭部をかじり、すでに12センチの長さのトンネル状の穴を開けていた。今のところ医師らが駆除に成功したのは8匹のうちわずか2匹。幼虫がハリスさんの脳にまで達した場合、死にいたる危険性があるため、医師らは手を尽くして残りの虫の駆除にあたっている。

この虫は160年前に全滅したと思われていたが、実は生き残っていることが最近になって明らかにされている。

ソースは
http://japanese.ruvr.ru/2013_07_18/118140551/




この記事を見たとき恐ろしくなり、身震いがした。

こんな恐ろしい虫が、ハエが存在するとは思いもしなかった。

頭蓋骨を突き破り脳まで達する可能性が有るという一文に恐怖を感じ中南米には行きたくないと正直思った。

もし万が一にでも体内に、幼虫とか寄生虫なんか入ってしまった場合は、薬を使った除去が出来ると聞いたことが有るが、頭は血液脳関門のせいで薬が届かないから直接的に手術を行って削り取るしかないそうだ。

何かのホラー映画を見ているかのようで恐ろしくてたまらない。

地球温暖化が進みこれらの虫も生活圏が増え、私たちの知らない間にもうすぐそこまで来ているかもしれない。

マラリアなんかも警戒しておいた方が良さそうだ。

しかしだが、こんな事を考えていても何の生活も出来ないので、体に異変を感じたら直ぐに医者に行くというレベルで考えた方が良さそうだ。


ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
恐ろしいねー!
Posted by coffee at 2013年07月21日 11:38

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。