【裁判】違法な図書館設置でパチンコ店出店阻止…国分寺市に賠償命令 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【裁判】違法な図書館設置でパチンコ店出店阻止…国分寺市に賠償命令

パチンコ店の出店を予定したビルの隣に国分寺市が図書館の分館を設置したため、風営法などで出店が禁じられて損失を受けたとして、静岡県のパチンコ店経営会社などが同市に損害賠償を求めた訴訟で、東京地裁は19日、同市側に約3億3400万円の賠償を命じる判決を言い渡した。

志田原信三裁判長は「出店を阻止するための違法な図書館設置で、原告の営業上の権利を侵害した」と指摘した。

 判決によると、同社はJR国分寺駅前のビルにパチンコ店を出すことを計画していたが、駅前の再開発を計画した同市などが反対。同市議会が2006年、ビル隣接地に市立図書館の分館を設置するとの市条例の改正案を可決した。風営法などは図書館から50メートル未満でのパチンコ店の営業を禁じており、同社側は出店を断念した。

 訴訟で同市側は「図書館設置は市民の要望に応えたもので、パチンコ店の出店阻止の意図はない」と主張したが、判決は「議会で出店阻止が議論され、市も顧問弁護士らに出店阻止の法的問題を相談していた」と指摘。「市の手法は社会的相当性を逸脱している」として、出店していれば得られた利益などを基に同社側の損害額を算出した。

ソースは
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130719-OYT1T00710.htm?from=top




確かに、この件で市のやり方は圧倒的に違法だ。

裁判に負けても仕方がないと言える。

しかし、市が、無能な弁護士のもとこのような方法に突き進んだことも、理解出来ない。

法治国家である日本国では裁判で負けることは容易に想像がつく。

具体的に何をすれば良いか想像がつかないが、他の方法が有ったはずだ。

こんなお粗末な結果になり、何も言えない。

このパチンコ屋は税金もまともに払わない事に加え、市から税金をむし取ることに成功したと言えよう。

今の日本国の実態を考えてみると、パチンコは数兆円産業であり、この前では法律も司法も警察そして政治家さえ口出しが出来ないと言う事態に陥ってはいないだろうか?

パチンコ産業そのものを禁止しないと、日本そのものが取り返しの使い無い事になってしまうと私は思う。

それに、三店方式が何故合法なのかが理解出来ない。

少なくとも、景品買取所は古物商として、明らかに違法行為をやっていると私には思えてならない。

日本の行く末を案じるのならばパチンコ利権全てを一掃する必要があると感じるのは私だけではないはずだ。




ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
法治国家であれば、パチンコ屋やパチンカスどもがやっている違法行為(換金)を取り締まらなければおかしい。
政治家と警察は腐っている。
Posted by coffee at 2013年07月20日 16:57

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。