【コンビニ】店員がアイスの冷蔵ケース内で寝転ぶ写真、Facebookに ローソンが謝罪、FC契約解除 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【コンビニ】店員がアイスの冷蔵ケース内で寝転ぶ写真、Facebookに ローソンが謝罪、FC契約解除

 コンビニエンスストア「ローソン」店内でアイスクリームを販売する冷蔵ケースの中に従業員が入って寝転がる様子を撮影した写真がFacebookに投稿され、「不衛生ではないか」と騒動になった。ローソンは7月15日、「食品を取り扱うものとしてあってはならない行為」として謝罪し、店舗とのフランチャイズ契約を解約したことを明らかにした。

 問題になった写真は、店内のアイスクリームを販売する冷蔵ケースの中に、Tシャツ・ハーフパンツ姿の若い男性が寝る形で入り込んでおり、友人が「もう22になる人が何をしゆがで!」「あえて言おう!カスであると!」といったコメントとともに投稿していた。写真に入ったロゴからローソン店内であることも分かるようになっていた。

 この写真がネット掲示板などに転載され、店舗の情報や、写真に写った男性が店舗関係者の親族だといった情報が書き込まれるなどして“炎上”状態に。「ローソンのアイスは買わない」といった声もあり、同社への通報も相次いだようだ。

 ローソンによると、この店舗は同社加盟店の高知鴨部店(高知市)。事実確認をした上で冷蔵ケースとアイスクリームは撤去し、(1)契約条項に基づき同店とのフランチャイズ契約を解約、(2)ケースに入った従業員を解雇させ、ほかの従業員への再教育、(3)15日午後5時からの同店の休業──を決めた。再オープンは決まり次第告知するという。

 同社は「お客さまには大変不安・不快な思いをさせてしまいましたことを心より深くお詫び申し上げます。食品を取り扱うものとしてあってはならない行為だと反省しております。二度とこのようなことが起きぬよう、全社員・加盟店一丸となって信頼回復に努めてまいります」としている。

ソースは
http://www.excite.co.jp/News/it_g/20130715/Itmedia_news_20130715006.html




問題とされているのがこのFacebookに投稿された画像だ。

saved_quote_image_261870.jpg


アイスのショーケースに入っている人物はこの店舗の経営者の息子だという話だ。

ローソンも謝罪するなら従業員を解雇とか言わず、はっきりと経営者の息子と言った方が良かったのではないか。

アルバイトの様な従業員と経営者の息子では責任が全然違う。

フランチャイズ契約の破棄は当たり前だが、ローソンというブランドを傷つけた代償はもっと大きい。

損害賠償を請求されてもおかしくは無い。

普通に考えれば分ること、売り物の上に横たわるなど言語道断。

写真を取る人間もどうかしているが、これがこのゆとり世代の異常さを伝えているのだと思う。

正直、日本国の将来が思いやられる。

ほんの軽い気持ち、しかし同時にそこに潜むリスクに気付きもしない。

このゆとり世代である彼らに再教育は出来るのであろうか?

私の経験上、ゆとり世代には何を言っても無駄であった。

教えても平気な顔して忘れました。

いつ教えてもらいましたか?

などと全く持って悪気を感じていない。

一緒に仕事をする事さえ苦痛に感じることもある。

私は彼らが世代の中心となったときにこの日本国はと思うと、まだまだ頑張らねばならないのかと先行きが不安になる。

次の世代に期待しよう。




ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
取り返しのつかない悪ふざけ。
Posted by coffee at 2013年07月17日 23:37

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。