【自動車】スバル XVハイブリッド、発売2週間で5580台を受注…3割は60歳以上 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【自動車】スバル XVハイブリッド、発売2週間で5580台を受注…3割は60歳以上

富士重工業は、6月24日に発表したスバル『XVハイブリッド』の受注台数が、発表後2週間時点(7月7日まで)で月販目標550台の10倍を上回る5580台となったと発表した。

なお、スバル XV全体の受注台数に占めるハイブリッド比率は、約7割となった。

グレード構成はEyeSightを装着する「2.0i-L EyeSight」が91.4%を占めた。外装では、「サテンホワイト・パール」(28.3%)の人気が最も高く、以下「デザートカーキ」(14.7%)、「アイスシルバー・メタリック」(13.0%)、「プラズマグリーン・パール」(11.2%)の順だった。

また、年齢別では「60歳以上」が29.1%でトップ、以下「50歳〜59歳」(26.5%)、「40歳〜49歳」(23.1%)、「30歳〜39歳」(14.3%)、「29歳以下」(7.0%)と、高年齢層から支持を受けている。

ユーザーからは、「加速感があり、スポーティなハンドリングで走っていて愉しい」、「AWDのため安定感が高く、安心できる」、「質感が高い」などの評価が集まっている。

ソースは
http://response.jp/article/2013/07/10/201880.html




年配層に売れる要因として考えられることは、プリウスより着座位置が高いから乗り降り楽であり、へんにかがんだり腰曲げたりしなくていいと言うのがあるかもしれない。

乗り降りが楽というのはこれからの自動車が売れるための要素になってくるかもしれない。

もう一つの要因は、このXVという車のHVは燃費っていうよりも加速をよくするように調整されているらしく、乗っていて面白い車であるという話だ。

プリウス式のHVとは全く違うようで、乗り比べてみると違いがよく分るという話だ。

根本的な機構的は同じなのかもしれないが、XVではモーターのみ発進と言う状況は実はあまりなく、電池容量もとても小さくてドライビングに関する介入も控えめ。

よくいえば、プリウスのような不思議と言おうか、不自然なハイブリッド感はまったくなく、普通のガソリン車に乗っていると大差ないという。

私はまだ乗ったことがなく聞いた話ばかりだが、おもしろそうな車であることは確かなようだ。

しかし、この販売実績の年齢別割合を見ると悲しくなってくる。

39歳以下を合計してみても全体の21%。

働き盛りであり、普通は車買う世代として一番多そうな年代なのに、いかにこの世代が金持ってないかってことが改めて実感できる。

結婚しないから子供は産まない。

特にこれと言ったことがないからお金もあまり使わない。

この世代について考え出すとないないないとないないずくしのことしか思いつかない。

少しは上向いてくれれば良いのだが。

この話は置いといて、HV=低燃費を売りにするモデルが多い中で、この売れ方は素直に凄いと思う。

スバルブランドの価値も上がり、たいしたものだと評価したい。




ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
結婚して子供を産んで、車を買うべき。
Posted by coffee at 2013年07月12日 01:51

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。