【商業施設】パチンコのマルハンが「韓流テーマパーク」 大阪・新世界で来秋開業へ - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【商業施設】パチンコのマルハンが「韓流テーマパーク」 大阪・新世界で来秋開業へ

 パチンコ国内最大手のマルハンは9日、大阪・新世界の複合商業施設、旧・フェスティバルゲート(大阪市浪速区)の跡地を再開発し、日本初の「韓流テーマパーク」を来年秋に開業させると発表した。日韓両国の関係活性化を狙う。年間目標で売上高50億円、来場者300万人を掲げた。

 同社によると、総工費は約100億円で、今年秋に4階建ての建物を着工。韓流スターがプロデュースする衣料、グッズ販売店、飲食店などを集積させるほか、韓国からの輸入食材を扱う食品スーパーを展開。多目的ホール「K−POPホール(仮称)」を併設し、韓流スターのショーなどを楽しめるようにする。

 旧フェスティバルゲートは大阪市の第3セクターが展開した遊園地などの複合商業施設の跡地。マルハンが09年に入札で落札し、跡地再開発を検討してきた。

 同社の韓昌祐会長は東京都内のホテルで会見し「4年前から何にしようか考えてきた。日本、韓国両国が仲良くしていくための施設としたい」と話した。

 マルハンはさきごろ、東京・浅草での大衆娯楽施設の再開発計画に冠スポンサーとしての参画を発表したばかり。第1弾として「マルハン松竹六区タワー」を来年末までに建設する。東京と大阪の下町エリアに目立つ娯楽施設を作ることになる。






これは日本人を相手にするのではなくて、日本へ観光に来ている他国の外国人がターゲットなのではなかろうか。

日本国内の現状を理解していればこのような商業施設は成功するとは思えず、無謀なも音言える。

外国人観光客に人気のある大阪に寄生して韓流ゴリ押しするのが目的か。

こんなことしているから韓国は日本の一部だと外国人に思われるのにね。

このマルハンの韓昌祐会長が言うように、日韓関係の活性化を狙うなら韓国に商業施設をつくって、日本人観光客の増加を目指す方がまだ分かる。

簡単に考えて、日本国にテーマパークを建てたら韓国に行く必要なくなる。

この点は良いことだけど、韓国芸能人が日本で活動することを韓国国民がどこまで許容するのかという問題も出てきそう。

韓国国内の教育事態が、日本国は敵という教えなのだから、色々な異論が出てもおかしくない。

「日本を征服した!」という優越感だけでは満足できないぐらい韓国経済の実情もヤバイだろうし、妬みの対象になって韓国国民から反感買うだけで終わりなんてこともありそうだ。

エンターテイメントと言う事で、テレビなどの映像分野を見てみても、韓国ドラマ・映画界は日本市場がないとやっていけない自転車操業らしい。

最近の韓国ドラマ界は日本ドラマのリメークがやたら多く、今年だけでもすでに3〜4作品のリメークが行われているようだ。

主立った作品が次の作品。

愛なんていらねえよ夏
ハケンの品格
女王の教室
家政婦の三田

日本国内でも話題となり、そこそこの視聴率を確保できた作品ばかりである。

言い方を変えれば、パクリである。

やはり韓国というお国は自ら生み出すことは出来ないのだろう。

正に寄生虫。

隣国である為に仲良くしなくてはと思うが、なかなかね。

テーマパークが開園したとして、どれくらい持つのか、見物である。




ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
このまま日本が韓昌祐のマルハン色に染まっていきそうで恐い。
何とか阻止せねば!
Posted by coffee at 2013年07月10日 08:24
いや〜大阪の方ならよーくわかってると思いますが、場所がアレなんで(笑)100%コケますね。
立ち行かなくなって、税金投入・・・って流れになるのがもう決まってますからそれが心配です。
Posted by 沙耶香 at 2013年07月10日 12:47

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。