【企業】サムスン電子、ソニー1社分の時価総額失う−S4が期待外れ - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【企業】サムスン電子、ソニー1社分の時価総額失う−S4が期待外れ

  7月1日(ブルームバーグ):韓国のサムスン電子 の時価総額は6月に253億ドル(約2兆5200億円)減り、縮小幅は競合するソニーの時価総額を上回った。主力のスマートフォン「ギャラクシーS4」の売上高は投資家の期待に応えられなかった。

サムスンの株価は4月26日のS4発売以降に9.7%下落 。JPモルガン・チェースとモルガン・スタンレーは、携帯電話販売でほぼ3分の1を占めるサムスンの収益予想を引き下げた。ブルームバーグが集計したデータによると、アナリストの15人がサムスンの4−6月(第2四半期)の純利益予想を下方修正。同社は株価とS4の販売に関してコメントを控えた。

革新的と受け止められていない高額な端末の購入を消費者が手控える中、3580億ドル規模の携帯電話市場で高級機種メーカーは苦戦している。米アップルの株価は「iPhone(アイフォーン)5」を発売後の1カ月間で9.4%値下がりした。韓国では中国の華為技術やZTE(中興通訊)がギャラクシーS4の8分の1程度のコストの約100ドルでスマホを販売している。

リーディング投資証券のアナリスト、オ・サンウ氏(ソウル在勤)は「前機種と大きな違いがないため、S4を購入する相応の理由が消費者には見当たらない」と説明。「サムスンにとってはどのメーカーよりも中国企業が大きな脅威になりつつある」と語った。

サムスンの株価は6月に12.7%下落。月間の下落率としては昨年5月以来の大きさとなった。

同社は5日に4−6月期の営業利益と売上高の暫定値の発表を予定している。ブルームバーグが集計したデータ によると、営業利益は10兆ウォン(約8700億円、アナリスト33人の予想平均)、売上高は58兆5000億ウォン(同37人の予想平均)が見込まれている。

ソースは
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MP8EBQ6KLVR701.html




サムスンの実態をよく見てみると、ほんとスマホだけの会社だから、これを失敗すると会社傾くのは当たり前だし、しかも会社だけならいいが国策会社だから韓国も傾くと言う二重苦の状態になる。

日本企業を駆逐して大きな利益を手にしてきたけど、今度は中国企業に同じ目に合わされる番だ。

パクリ、パクられて結局は身を滅ぼす。

自分の力で立ち上がれないものには未来などない。

ここでサムスンという会社が、パクリとは遙かに違った画期的な製品を世の中に販売できたとしたならば、この後サムスンという企業を超えることは不可能となることだろうが、そんな商品が出てくるような見通しもない。

時間をかけてゆっくりと資本を食いつぶし、跡形もなくなることだろう。

中国企業にサムスンがこれまで取ってきたような行動を取られれば、人件費の差が大きく出て勝てるはずなどない。

薄利多売で日本企業が駆逐された思いを今度は自らかみしめるが良い。




ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
サムスン株急落で「ざまぁ」の声も「ウチが傾けば困るのは日本経済だ、日本人はわかってない」
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5117.html
Posted by coffee at 2013年07月04日 21:17

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。