【携帯】パナソニック、NTTドコモへのスマホ供給見送りを検討 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【携帯】パナソニック、NTTドコモへのスマホ供給見送りを検討

 パナソニックが、NTTドコモへのスマートフォン(多機能携帯電話)の新製品供給を今冬以降、見送る方向で検討に入ったことが29日分かった。

 ドコモが韓国サムスン電子とソニーの最新スマホを他社製より安くし、販売拡大を狙う戦略を決めたため、自社製品の十分な販売を見込めないと判断したもようだ。折りたたみ式の従来型携帯電話などは引き続き供給するが、スマホの国内事業は消費者向けよりも、企業向けの頑丈な製品に重点を置く。

 一方、海外事業は、米国でのスマホ販売を目指す。米携帯電話3位スプリント・ネクステルを買収するソフトバンクと協力。5月からはインドで現地メーカーに生産を委託し、スマホ販売に乗り出した。

 ドコモはサムスンの「ギャラクシー」とソニーの「エクスペリア」の最新モデルを「ツートップ」と位置付けた。パナソニックで携帯電話を担当する宮部義幸常務は、ドコモの戦略に関し「非常にハンディキャップになる。(コスト削減など)戦術変更でどうリカバーするか検討している」と述べていた。

 パナソニックの携帯電話事業は、2013年3月期の営業損益が赤字で、14年3月期も赤字の見通し。自社で開発から生産、販売まで全て手掛ける「自前主義」を転換し、今後は必要に応じ他社に生産などを委託する。

 日本メーカーの携帯電話事業は、米アップルやサムスンなど海外勢に押され、日本国内でも苦戦している。

ソースは
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp2-20130629-1149812.html




docomoの戦略が原因であることは間違いないが、こうなることはdocomo側でもある程度は予測できていたはずである。

docomo側としては機種の豊富さよりも一部の限定機種販売に踏み切ったのだから考えが有ってのことだろうが、スマートフォンを買おうか検討している消費者の目から見ると選択枠が減り購買意欲が削がれるのではないかと思う。

docomoからauやソフトバンクへの流出がますます進みdocomoの牙城が崩れて行くのが想像できる。

今後も追随する企業が増えることは予測でき、docomoで新機種を買うのならば、サムスンかソニーの二択しか出来ない状況もあるかもしれない。

法人であれば気にはならないのだろうが、みんなと同じと言うことに違和感を感じる人達も少なくはない。

多様性を捨てたdocomoの将来はどうなるのか、通信料金だけみてもdocomoが割高でauやソフトバンクの方が割安感があり、携帯電話番号を代えずに移動できるメリットに加え、乗り換え割りなどと称した大型の割引プランもあり魅力的だ。

この先docomoの殿様商売がどこまで続けられるのか見物である。




ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
サムスン製品なんて絶対に持ちません。
Posted by coffee at 2013年06月30日 21:34

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。