【自動車】走行中、突然急ブレーキの恐れ…トヨタが「クラウン」「レクサス」など約2万台リコール 障害物検知装置に不具合 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【自動車】走行中、突然急ブレーキの恐れ…トヨタが「クラウン」「レクサス」など約2万台リコール 障害物検知装置に不具合

 トヨタ自動車は26日、電波の反射で障害物を検知し、自動ブレーキをかける「前方障害物衝突軽減装置」に不具合があり、突然作動する恐れがあるとして、「クラウン」「レクサスIS300h」など計4車種で計約2万台(2012年12月〜13年6月製造)のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。納車前のものも含まれるという。

 国交省によると、東京都葛飾区の首都高速中央環状線で5月、走行中に急ブレーキがかかり、後ろから追突される事故が発生した。 

ソースは
http://news.livedoor.com/article/detail/7802653/




これは怖い。

一般大衆車とは違い高級車の部類に入る自動車でこのような事故が起こるとは誰も予想はしていなかっただろう。

果たしてリコールした所で修理可能なのか疑問に感じる。

こういう運転者以外がブレーキやアクセル、ハンドルなどを操作するような機能は
あり得ないくらいのテストを沢山行ってきているはずだが、その時はこのような不具合は出ていなかったのだろうか?

若しくはテストなど殆ど行わずに、販売していたとしたらと考えると恐ろしくなる。

新しい技術には何かしらの不具合は付き物だが、自動車のような乗り物での不具合は起こらないように出来ないものなのか、今回の事故では人命は助かったが、多くの人命が失われるような大事故にもなりかねない。

手堅い安全なモノが欲しがったら、既に問題の出尽くした製品を買い決して初回生産には手を出さない事だが、技術の進歩が購買意欲になる訳でそれも難しいのが事実。

このような事故もあり得ると考え自動車運転中は十分な車間距離を取り、万が一前の車が急停車してもぶつかることがないような運転を心がける必要がある。

自動車を作るメーカーの皆様にはこのようなリコール問題がないようにさらなる技術の飛躍を希望する。




ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
速やかなリコールが重要です。
Posted by coffee at 2013年06月29日 09:53

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。