【自動車】日産、プレミアムスポーツカー「フェアレディZ NISMO」を発売 6MTで521万円 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【自動車】日産、プレミアムスポーツカー「フェアレディZ NISMO」を発売 6MTで521万円

日産自動車は24日、高性能プレミアムスポーツバージョン「フェアレディZ NISMO」を発売し、あわせて12月に発売予定の「マーチNISMO」の予約受付を開始した。

フェアレディZ NISMOとマーチNISMOは、NISMOブランド戦略に基づく高性能プレミアムスポーツバージョンとして、2013年1月に発表した「ジュークNISMO」に続く第二弾と第三弾モデル。両モデルは、NISMOによる専用デザインと技術を投入し、空力、足回り、パワートレインなどのトータルバランスに優れた運動性能を実現するとのこと。

フェアレディZ NISMOは、空力特性に優れたエアロパーツを採用したほか、エンジンの高出力化を図ったモデル。パワートレインをはじめ、タイヤ、ボディ剛性、サスペンション、ブレーキ等に専用チューニングが施され、エクステリアはNISMOのカラーリングを継承し、インテリアは赤いセンターマークを配置した本革・アルカンターラ巻の専用ステアリングと、赤い文字盤に「nismo」ロゴを配した専用タコメーターを採用している。価格は、6MT車が521万8,500円、7M-ATx(マニュアルモード付き電子制御7速オートマチック)車が532万3,500円。

マーチNISMOは、マーチの低燃費はそのままにNISMOの空力性能に優れたデザインを採用したグレード「NISMO」(1.2L / エクストロニックCVT)と、モータースポーツで培ったパフォーマンスを実現したグレード「NISMO S」(1.5L / 5MT)の2タイプを設定。価格は、NISMOが154万350円、NISMO Sが177万300円。

ソースは
http://news.mynavi.jp/news/2013/06/24/172/index.html




近頃の自動車メーカーのニュースの中でスポーツカーに関する記事を見かけることが多くなってきた。

これも景気が回復してきている兆しの一つなのかもしれない。

実用性と言うことを考えると自家用車を買うときの選択枠から大きく外れるスポーツカー。

燃費、保険、税金等々の維持費とどれをとっても安いとは言えない。

お金に余裕のある層が増えてきたのか、余裕が出てくる兆しの人々が増え始めたのか定かではないが良い兆候であると思える。

自動車メーカーも売れもしないものなど作るはずもないのだからどこかに勝算を見ている事と思う。

バブル期に数多くのスポーツカーが公道を走っていたが、今は燃費の良い自動車ばかり、バブル期までとは言わないが、格好良いスポーツカーが公道を走るのを見るのも良いものだ。

何時かは、と思わせてくれるような格好良いスポーツカーがこれからも販売されてくることを期待する。




ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
スポーツカーと景気は連動しますね。
Posted by coffee at 2013年06月25日 22:45

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。