【印税】「北斗の拳」の武論尊氏、漫画だけでも20億円の印税…パチスロ化の収入は「みなさんが不愉快になるから言わない」 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【印税】「北斗の拳」の武論尊氏、漫画だけでも20億円の印税…パチスロ化の収入は「みなさんが不愉快になるから言わない」

 人気漫画「北斗の拳」の原作者、武論尊氏が22日、TBSテレビ系の情報番組「ジョブチューン職業のヒミツぶっちゃけます」に出演し、印税などについて明かした。

 気になる収入について武論尊氏は印税が5%であることを告白。番組内で「北斗の拳」の単行本コミックが1冊400円、その5%が20円、これまでに1億部以上売れているとして計算したところ、これだけで20億円の収入があることが明かされた。

 「北斗の拳」はパチスロなどにも展開され、全国で100万台以上が使われているという。しかし、武論尊氏はこれに関する収入ついては「言うと皆さんが不愉快になる」として明かさなかった。かなりの高額になるとみられることから共演者が何に使っているのか聞くと「趣味が競馬なんで…」と答えた。

 また、作画担当の漫画家、原哲夫氏と会ったのは連載開始から半年後だったことも明かした。

 理由について武論尊氏は「間に編集者がいる。僕はまず編集者に原稿を渡す。それがOKだったら編集者が漫画家さんに渡す。オレと漫画家さんの接触がなくても作品ができあがるんです」と打ち明けた。

 半年後に会ったのも作品の打ち合わせではなく、出版社の忘年会だったそうで武論尊氏は原氏の印象について「うわー、こんな若いにいちゃんが描いてるんだと思った」と振り返った。

ソースは
http://news.livedoor.com/article/detail/7791240/




漫画家でも成功すればかなり膨大な金額が著者に渡ると言うことがよく分ったが、本人も言われているようにパチンコやパチスロのおかげで儲かっていますとはとても言いにくい。

この問題は、パチンコ屋に著作を渡すことが問題なのではなく、この一連の構造がパチンコを行なわない、パチンコ屋に勤務、製造元に参加していない人間から見れば、極悪すぎてこのまま放置できないと言うこと。

パチンコ業界には税制の改革、税制の見直しが必要だ。

警察組織、パチンコ屋、政治、メーカー利権、芸能界、著作者が癒着しているもっともえげつない業界になっていると私は思う。

まず公正かどうかすら定かではない。

完全なる賭博、ギャンブルなのに遊戯場とされただの娯楽の一部という扱いにされている。

パチンコ屋の中には店舗内に銀行ATMを設置してあり、いつでも大金を下ろせる状態にしてある。

これも異常である。

刑法をないがしろにする風営法とは何なのか。

賭博、ギャンブルとして税金を余分に納めるべきではないだろうか。

また経営者報酬に制限があってしかりで使途不明金が出ないようにするべきだし、会計は必ず公表するべきだ。

一連のお金の流れをどこかで塞き止めなくてはならない。

改めて言うこの仕組みは異常だ。




ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
「北斗の拳」は大好きだったが、パチンコに売り飛ばしやがって、許せない!
Posted by coffee at 2013年06月25日 00:21

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。