【政治】国会で『ワタミ』を告発 : 内容不明の天引き、“死ぬほど残業”しても手取りは十数万円 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【政治】国会で『ワタミ』を告発 : 内容不明の天引き、“死ぬほど残業”しても手取りは十数万円

参院選で自民党から立候補する渡辺美樹氏が会長を務める居酒屋チェーン「ワタミ」で無法な長時間労働と低賃金が横行している問題が18日、明らかになりました。“ブラック企業”の内実を日本共産党の田村智子参院議員が参院厚生労働委員会で取り上げたもの。

 田村氏が紹介した元正社員Aさんは、2年間勤務し、月45時間の時間外労働を超えた月が6カ月にのぼり、年間で480時間超。しかも「所定勤務重複等調整」と称し、多い月には数万円も内容不明の天引きが行われ、“死ぬほど残業”しても手取りは十数万円にしかなりません。

 さらに、休日でもワタミの経営理念や著作の学習・リポート提出を求め、「ワタミの森」という植林事業や「夢プロジェクト」という事業への寄付が半ば強制されていました。

 Aさんは「こんなに働かせて、こんな低賃金しかもらえないことが我慢できない。ブラック企業そのものです」と語りました。

 同社では26歳の女性が長時間労働の末、命を絶ち、今年2月に過労自殺として労災認定されたばかりです。

 質問で田村議員は、時間外労働の上限を定めた厚生労働大臣の告示が月45時間、年間360時間と定めていると指摘。これを100時間も上回るとのべ、「是正するよう、自民党の厚労相としてものをいうべきだ」とただしました。田村憲久厚労相は「適正労働時間を守って、しっかりした雇用環境をつくる責任が経営者にある」と答弁しました。

ソースは
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-06-19/2013061901_02_1.html




渡辺美樹氏を擁立した時点で野党から集中砲火を浴びることぐらい当然想定しているのだろう。

渡辺美樹氏が、国会議員になったら、次々と訴訟を起こされる予感がする。

そして、ブラック企業経営者と言うレッテルを世間的に貼られないようにひたすら和解に走るのではないかな。

ネットを使えない人達には未だに良い経営者として名前が売れているようだ。

情報弱者の老人達を狙っているようにしか見えない。

渡辺美樹氏の語る言動には戦中の非常事態時のような雰囲気もあり老人達の共感、若者はまだまだ仕事、我慢が足りないと共感を得ているのかもしれない。

こんな人間を候補にする自民党も、ボケたか、いい気になりすぎているかどっちかでしかないと思う。

安倍晋三総理もネットに置ける情報の優位性をよくご存じだと思うが、なぜって問いただしたい。

せっかく味方につけたネット世代の人達が一斉に離れて行き来がしてならない。

人選を誤ると、足を引っ張るどころか命取りになるぞ、自民党。




ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
ワタミのせいで自民党は、だいぶ票を減らしそうです。
Posted by coffee at 2013年06月21日 07:46
ダメです・・
超自己中なんでしょうね、この人。
自民終わった・・
Posted by ケンケン at 2013年06月21日 11:43

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。