【労働環境】トイレすらなく、暗に入社拒否も--『男性保育士』の労働環境 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【労働環境】トイレすらなく、暗に入社拒否も--『男性保育士』の労働環境

“女性の聖域”だった保育の現場で男性が働き始めたのは1970年代初めごろ。最近では男性保育士も少しずつ増えてきた。しかし保護者からの偏見、劣悪な待遇など、男性の少ない業界ならではの問題もある。

 名古屋市内の民間保育園に勤務するCさん(34)は、数年前、女子園児の保護者から直接、「この子はよくおしっこもらすけど、先生はこの子のオムツ替えんといてぇ」と言われた。理由は「男」だったからだ。

「男性は困る」という理由で、乳児(3歳未満)専門の保育園の園長から暗に入社を断られたこともあるという。

「国家資格の専門職なのに、同じ国家資格の医師や弁護士と比べてあまりにも社会的認知が低いです」

 男性保育士の悩みは、設備面にも及ぶ。園内に、男性用トイレや更衣
室すらないケースが多いのだ。着替える時は休憩室の扉に「いま着替え中」と書いた張り紙を張ったり、園内の廊下の一角に畳を敷いてカーテンで仕切り、着替えをするという男性保育士もいた。女性に更衣室がなかったりすれば、明らかなセクハラだ。予算に余裕がないという台所事情もあるが、「せめて更衣
室ぐらいほしい」と男性保育士たちは口をそろえる。

 そうしたなか、兵庫県内の公立保育園の男性保育士Aさん(34)は昨年2月、同じ市内の仲間の男性保育士と一緒に、市に「要望書」を提出した。(1)男性用トイレ、更衣
室、シャワー室の設置、(2)職場への男性保育士の複数配置、(3)乳児クラスの担当、などを市に求めた。

 Aさんの市では、男性保育士が乳児クラスを担当するケースは少ない。0歳児に至っては皆無。この点を市は、「男性保育士に0歳、1歳児をもたせない決まりはない」と答えたというが、Aさんは、保護者との衝突やトラブルを避け「保身」に走る園の意思が働いているのではないかという。

「いまのような場当たり的な対応では何も解決しない。男性保育士はこれからもっと増えていきます。そのために、オムツ替えやシャワーなど、女子園児へのかかわり方をマニュアルなどで明文化してほしい」(Aさん)

ソースは
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130617-00000006-sasahi-soci




この記事を読んで皆さんはどう感じたのだろうか?

これも男女差別の一つだとはっきり言える。

彼ら男性保育士に対してものを申している女性の人達は、自分たちのことを棚に上げて接しては居ないだろうか?

女性差別の話題は良くニュースになるが、彼らのようのな男性保育士の問題は殆どニュースにならない。

男女差別撤廃を求める人達は、彼ら男性保育士の立場も尊重し同じように取り上げてあげるべきだと思う。

そうでなければおかしな話になってしまう。

私の考えは少し違う。

前にも書いた記憶があるが、男性、女性には性別の違いと同じように仕事にも違いが合って良いと考える。

この男性保育士の場合は、男性がこの職種に就くこと自体無理だと思う。

そもそも、子育てという面では女性の方が数段優れている。

女性に任せるべきだ。

同じように、女性のいろんな職場への進出も考え物だ。

この議論はなかなか良い答えが出ないが、双方が良い気持ちで過ごして行ける世の中になればと思う。




ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
男女の職業の差異は、あって然るべき。
Posted by coffee at 2013年06月18日 21:57
ブログを拝見させていただきました、綺麗ですね。私は、ブログのデザインとか、あまり得意ではありません。私は、アフィリエイタ初心者でも簡単に稼げる「オプトイン無料オファー」の方法をご紹介しております。もし、よかったら私のブログもご覧にいただけると、とても嬉しいです。これからも、末永く、よろしくお願いします。
Posted by アフィリエイトで稼ごうよ at 2014年07月14日 17:51

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。