【通販】「注文した商品が届かない」--海外通販サイトの相談急増 2年で8倍、紛争多発 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【通販】「注文した商品が届かない」--海外通販サイトの相談急増 2年で8倍、紛争多発

 海外の業者が運営するインターネットの通信販売サイトで、注文した商品が届かないといったトラブルが急増している。業界団体の社団法人、日本通信販売協会(東京)の「通販110番」に2012年度に寄せられた海外業者に関する相談件数は、確認されただけでも1030件と2年前の約8倍に増えた。

 サイトに架空の住所や電話番号を載せている業者も多く、協会は「海外から被害金を取り戻すのは難しい。代金を払う前にサイトの電話番号にかけてみるなど自衛して」と呼び掛けている。

 協会によると、通販110番に寄せられた相談のうち、海外業者のサイトと確認できた件数は10年度の130件から11年度は260件、12年度は1030件まで急増した。こうしたサイトは「高級ブランド品を激安販売します」などと宣伝。日本国内の住所を載せたり、日本の業者のサイトをコピーしたりして国内を装っているが、中国の業者が多いとみられる。

 昨年8月、シャネルの財布とバッグを注文し約1万9千円を払った女性には、中国から一目で偽物と分かる商品が送られてきた。連絡先にメールしたが返信はなく「サイトに日本人の名前があったので信頼してしまった」と話しているという。

 協会は内閣府の認定を受けた公益法人で、通販業者約500社が加盟。通販110番((電)03・5651・1122)は平日午前10時〜午後4時に受け付けている。

ソースは
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG15007_W3A610C1CC1000/




記事中の女性は19000円でシャネルの財布とバッグが買えるなんて本当に思っていたのだろうか?

シャネルと言うブランドの価値を考えればこの金額では買えないという事は誰が考えても分るはずだ。

こんなところで買って本物が送られて来ると思っている方が異常だと言える。

考えるに、「本物そっくりの偽物」を期待でもしていたのだろうか?

海外の怪しげなサイトから買うって、もう自己責任以外のなにものでもないだろう。

本当にブランド品が欲しいのならば、多少高くなっても代行店を通して買った方が安心だ。

個人輸入での通販は安さとリスクとの天秤。

どちらに傾いてもけして良い思いはしないだろう。

海外通販は大手ショップかメーカーや現地代理店の公式サイトに正規取扱店として掲載されている所しか利用しない方が良い。

平和ボケしている日本人には考えられないだろうけど、海外では未だにこの考え方が普通だ。

騙される方が悪い。

これが、未だに正常な考え方だとされている。

日本国内にてどうしても本物を安く手に入れたいのなら中古のブランド品も考えてみてはと思う。

こっちの方が良心的なお店も多く、中古という弱みから店頭での値切り交渉も出来、購入者サイドが気分良くなれることが良くある。

ネットショッピングは不明な点が多すぎる。

購入ボタンをクリックする前に今一度よく考え、クリックした後は、後悔などするな。

ネット通販の鉄則である。


ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
余ほど信用と実績ないとネットショッピングは危険ですね。
Posted by coffee at 2013年06月18日 21:04

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。