【介護】ワタミグループの介護事業で複数の死亡事故 渡辺美樹会長は遺族に「1億欲しいのか」  - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【介護】ワタミグループの介護事業で複数の死亡事故 渡辺美樹会長は遺族に「1億欲しいのか」 

今夏の参院選に自民党公認で出馬する渡辺美樹氏が会長を務めるワタミグループの介護事業で、複数の死亡事故が発生し、遺族とトラブルになっていることが週刊文春の取材でわかった。

2006年、レストヴィラ元住吉で87歳の男性の容態が急変し、5日後に死亡。死亡直前、家族が渡辺氏とワタミ本社で話し合ったところ、渡辺氏は「1億欲しいのか」と言い放ったという。その後、遺族はワタミを提訴。昨年、横浜地裁はワタミの過失を認め、約2160万円の支払いを命じている。男性の家族は「渡辺さんのあの一言は精神的に大きなダメージになり、いまでも忘れることができません」と話している。

また、昨年2月には板橋区にあるレストヴィラ赤塚で74歳の女性が入浴中に溺死。直後、ワタミは遺族に「10分間、目を離した間に心肺停止になった。病死の可能性が高い」と報告したが、警視庁高島平署が施設内の防犯カメラを押収して調べたところ、ワタミの説明が虚偽と判明。警視庁は、業務上過失致死容疑で捜査をしている。

ワタミと渡辺氏の事務所に取材を申し込んだところ、ワタミから回答があり、渡辺氏の発言について「そのような発言をした事実はない」と否定した。

渡辺氏とワタミには、社員の過労自殺問題や、『365日24時間死ぬまで働け。(中略)時代とはマッチしない言葉だが、10年後も20年後もこの言葉が飛び交う「ワタミ」でありたい』と社員に呼びかけるなどし、「ブラック企業」との批判がある。

さらに、介護事業を巡る問題が明らかになったことで、渡辺氏が増大する社会保障費の配分や政策実行に大きな影響力を行使できる与党・自民党の国会議員にふさわしいのか、改めて論議を呼びそうだ。

ソースは
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/2807




なぜ自民党は渡辺美樹氏を国会議員にしようとし、渡辺美樹氏は立候補する気になったのか理解できない。

今からでも遅くないから、自民党は渡辺美樹氏の擁立を白紙にしろ。

せっかく経済などが上手く行き始めたのに、下手すると渡辺美樹氏の発言問題等で安倍政権が終わる可能性もあるぞ。

この記事の問題を自民党は事実確認と聴取を必ずするべきであり、事実如何によっては公認を取り消すべきだ。

ましてや比例区での出馬なのだから渡辺美樹氏以下の比例名簿の人達が気の毒だ。

今からでも遅くはない。

公認を取り消しなさい。

このまま行けば絶対に自民党には票は入れないという人達が出てくる。

衆参がねじれてしまっては国政がまた停滞して日本国は立ち上がることが出来なくなってしまう。

自民党のお偉方は良く考えるべきだ。




ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
同意。
この方が自民からの出馬でしたら、一票を入れないですね。
Posted by ケンケン at 2013年06月13日 15:00
こいつはかなりおかしいです。
Posted by coffee at 2013年06月14日 01:11

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。