【自動車】女性「通知が来ていたので、修理に出そうと思っていた」--リコール対象のホンダ車から出火、全焼(熊本) - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【自動車】女性「通知が来ていたので、修理に出そうと思っていた」--リコール対象のホンダ車から出火、全焼(熊本)

 4日午後1時5分ごろ、阿蘇市一の宮町手野の市道(通称・グリーンロード)脇の駐車場で、南小国町の女性(52)の軽乗用車から出火、全焼した。けが人はなかった。

 軽乗用車の車種は「バモス」(2002年式)。エンジン部品の不具合で発煙・発火する恐れがあるとして、本田技研工業(東京)が4月、国土交通省にリコールを届け出ていた。阿蘇署などが出火とリコールの関連を調べている。

 現場は湧き水の名所として知られる「手野の名水」近く。同署などによると、女性がエンジンをかけたまま、容器に水をくんでいたところ、1分ほどでエンジン部分から出火したという。

 同社によると、リコール対象車はエンジンのオイル漏れを防ぐゴムが劣化し、漏れたオイルが原因で発火の恐れがあるという。これまでに全国で発火10件、発煙3件、オイル漏れ1件が起きている。同社は「品質には気を付けている。原因究明などには真摯に対応したい」と話している。

 女性は「リコールの通知が来ていたので、修理に出そうと思っていた。まさかこんなことになるとは」と青ざめていた。

ソースは
http://kumanichi.com/news/local/main/20130604004.shtml




この事故は、車から離れたからこそ助かったのかも、高速走行中やトンネルの中で出火したら、エアコン掛けて昼寝中に出火したら、自宅車庫内で出火して自宅毎燃えたらと思うと空地での無人車で良かった。

いろんな事が考えられる。

この女性は幸運だった。

この事故の原因は未だ調査中とのことだが、リコール対象部分の故障によることも十分に考えられリコール放置は危険であることが改めて思い知らされた。

各自動車メーカーから出たリコールを未だに放置して自動車に乗り続けている人が居たならば直ぐに修理した方が良い。

このような事故が起こってからでは遅い。

人命が失われる場合もある。




ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
まー、不幸中の幸いでしたね。
Posted by coffee at 2013年06月06日 00:34

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。