【自動車】ホンダ、"高級車専門店"新設へ--『アコード』&『レジェンド』、『NSX』も? - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【自動車】ホンダ、"高級車専門店"新設へ--『アコード』&『レジェンド』、『NSX』も?

 ホンダが、セダンなど高級車を中心にした新たな販売店網を来年にも新設することが31日、わかった。すでに展開している軽自動車や小型車専門の販売店に加え、高級車専門店を設けることで、店舗間のすみ分けを明確にし、販売拡大を図るのが狙い。

 ホンダは小型車専門店の拡充などもあわせ、総額約1000億円を投じて国内販売網を整備する。過去最大規模の投資を図り国内販売の競争力を強化する。

 新たに設立する高級車専門店では、31日に発表し6月21日に発売する新型セダン「アコード」を取り扱う。新型アコードはハイブリッド車(HV)だけで、燃費性能はガソリン1リットル当たり30キロを達成。先行するトヨタ自動車のHVセダン「カムリ」(燃費1リットル当たり23.4キロ)を約3割上回る。

 この「アコード」に加え、来年にも発売する高級セダン「レジェンド」も取り扱う見通しだ。ホンダは、2006年に「プリモ」「クリオ」「ベルノ」の3系列の販売店を統合し、1つの店舗で全車種を取り扱ってきた。しかし、画一的な店舗となり、特に都心部などでは高級車の販売で苦戦を強いられてきた。

 高級車専門店は、軽自動車、小型車も取り扱うが、店頭での展示や試乗は、ミニバンも含めた中高価格帯の車種に絞る。開発中の高級スポーツカー「NSX」の販売も視野に入れているとみられる。

 現在、ホンダの国内販売は、軽自動車「N BOX」などの売れ行きが好調で、軽、小型車の販売が全体の約8割を占めている。

 今後、軽自動車、小型車以外の新型車の発売が数多く控えるため、得意分野にそれぞれ特化した販売店網の整備に乗り出すことにした。

 合わせて、販売が好調な軽、小型車の販売に特化した専門店「スモールストア」を約250から今年度中にも約300まで増やし、主要来店客の女性、高齢者の取り込みをさらに強化する。

 こうした専門店化の一方で、店舗の大型化も進める。都市部などは週末に来店客が集中するが、店舗が狭く、駐車場がすぐに満車となるケースもあり、来店客の取りこぼしにつながっている。用地の手当てなどがつき次第、順次、拡大していく方針だ。

ソースは
http://www.sankeibiz.jp/business/news/130601/bsa1306010700003-n1.htm




ホンダのイメージで絶対的に足りないモノって、高級感かもしれない。

あまりにもスポーツカー寄りの自動車メーカーだと言える。

近年だとミニバンのステップワゴンばっかり作っていたイメージしかない。

実際にヒットした自動車を見てみるとフィット、インサイトみたいなコンパクトカーという感じで、とにかくエコ系って感じで高級感が感じられない一般大衆車メーカーという感じになっている。

今後の企業努力にもよるが、コンパクトカー・ミニバンのイメージが強すぎるから高級感は無理だろうと思う。

レジェンドの失敗で何を学んだんだと言いたい?

海外のアキュラを引っ張ってくれば売れるとでも思っているのかな?

この際高級感など二の次にして現状の一般大衆車メーカーの地位を揺るぎない物へとして行くことが最も重要なのでは無いか。

高級車を買うことが出来る人達よりも、明らかに買えない人達の方が多いし、今後もこの状況が変わることは無いだろう。

これが原因となり自滅への第一歩とならないことを願う。




ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
今はマイカー持っていませんが、車を持っている時はホンダでした。
Posted by coffee at 2013年06月04日 00:08

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。