【政策】成田-羽田を1時間未満へ 政府成長戦略に「都心直結線」構想 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【政策】成田-羽田を1時間未満へ 政府成長戦略に「都心直結線」構想

 政府は30日、東京都心と成田、羽田の両空港を結ぶ新鉄道「都心直結線」構想の推進を6月に策定する成長戦略に盛り込む方針を固めた。今秋から地質調査を始め、早ければ2020年代半ばの開業を目指す。

 現在は1時間半以上かかる両空港間を直通で結び、鉄道乗車時間を1時間未満に短縮する。JR東京駅近くに新東京駅を建設し、両空港からのアクセスを良くして観光客やビジネス客の利便性を高め、東海道や東北など新幹線を利用した全国への移動もスムーズにする効果も狙う。

 都市直結線は、地下鉄・都営浅草線の押上駅(東京都墨田区)と泉岳寺駅(同港区)との間を浅草線と並行する形で結ぶ約11キロの新線。地下40メートルより深い部分にトンネルを掘り、土地の買収が不要となる「大深度地下方式」を地下鉄では初めて採用、事業費を圧縮する。

 1日当たりの利用者は約22万人と試算し既存線の混雑緩和も見込む。

 押上−泉岳寺駅間は現在、都営浅草線を利用すれば約20分で移動できるが、大深度地下方式を採用すればカーブ区間を少なくして高速で走らせることが可能となり、乗り換える必要もない。

 将来的には在来線最速レベルの時速160キロ運転を想定する。土地の買収が不要のため工期が短く、「地下では深くなるほど地震の揺れが小さい」(政府関係者)ことも利点となる。

 都心直結線は国土交通省が検討し、13年度予算に計上された新線調査費の対象にも含まれているが、新駅建設やトンネル採掘費などで約4000億円に上る事業費がネックとなり、本格的には進んでいなかった。

 安倍晋三政権は都心直結線構想を成長戦略に盛り込むことで、実現に向けて本格的に取り組む。

 民間の資金を呼び込んで、インフラ投資に活用する「PFI」を採用し、国や自治体の負担を軽減する方向で検討する。

 新しいシンボルとなった東京スカイツリーへのアクセスが改善する効果も期待される。政府は東京都や千葉県、鉄道会社などと協議を進め、早期の開業を目指す。

ソースは
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/130531/mca1305310800007-n1.htm




成田空港から東京駅間の移動時間の短縮、高速化必要だと思うが、成田空港と羽田空港を短時間で行けるように結ぶ必要があるのかいまいちわからない。

国際線から国内線乗り継ぎは、他の空港に任せれば良いのでは無いかと思ってしまう。

あまりに東京近辺に色々な物が集まりすぎていて便利なのかどうか疑問に感じる。

しょっちゅう飛行機に乗り国内外を飛び回っている人達には朗報なのかもしれないが、殆ど飛行機に乗らない私のような庶民には必要性が感じられないし、ほかの事へ投資した方が良いのでは無いかと思えてしまう。

大深度地下と言う事なので建設中の事故だけには注意して頂きたい。

地盤沈下や崩落などが有った場合には多くの人命が犠牲になりそうだ。

この成長戦略が成功することを祈る。




ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
成田空港の遠さ、不便さの解消は、必要不可欠だ。
Posted by coffee at 2013年06月01日 11:59

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。