【自動車】ホンダ、韓国に異例の購買部門 日本製と遜色ない品質で低価格 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【自動車】ホンダ、韓国に異例の購買部門 日本製と遜色ない品質で低価格

 ホンダが韓国に自動車部品調達のための購買部門を立ち上げたことが20日、分かった。米国や中国など工場がある海外拠点には購買部門を置いているが、生産拠点のない国に購買部門を設けることは異例。韓国製部品は、日本製に比べて価格が2、3割安いうえ、現代自動車の世界進出に伴って品質面でもひけを取らなくなってきたためだ。効率よく調達することで価格競争力を高める狙いだ。

 ホンダが韓国法人内に購買部門を新設したのは今年4月。一部車両で韓国製部品を採用したことはあるが、部品調達商談会やインターネット経由で韓国部品メーカーと接点を持つ程度だった。

 「日本に事務所を設ける韓国部品メーカーはほとんどなく、優良メーカーの発掘は難しい」(同社幹部)のが実情だ。

 韓国に購買部門を設けることで、直接部品を選別し、発注する取り組みを本格化させる。これにより、品質向上とコスト競争力を両立させたい考えだ。

 韓国製部品の採用を拡大させるのはホンダだけではない。トヨタ自動車は2009年から日本で販売する一部車両に韓国大手鉄鋼メーカー、ポスコの鋼材を使用している。日産自動車も、今年3月から韓国製部品を九州工場(福岡県苅田町)に直送するトレーラー輸送を開始し、物流費を削減し、リードタイムを短縮した。

 一方、韓国部品メーカーはさらなる採用拡大に向けて日本進出を加速させている。ポスコは現在、三重県四日市市内に日本初となる自動車用鋼管の製造設備を建設中だ。現代自傘下の韓国部品最大手、現代モービスも東京に事務所を開設している。名古屋市内には、自前では日本に拠点を置けない中小の韓国部品メーカー向け共同営業拠点が設けられた。

 足元の為替相場は1ドル=100円を超え、ウォン高も進む。価格面での優位性は下がるが、業界関係者は「依然として日本製より安く、汎用(はんよう)品では品質も日本製と遜色(そんしょく)ない。日系メーカーが韓国製部品を採用する動きは止まらないのではないか」と予想する。

ソースは
http://www.sankeibiz.jp/business/news/130521/bsa1305210801002-n1.htm




このニュースを見たとたんにホンダ車には乗らないと思った人が増えたはず。

ホンダとパナソニックがかぶって見える。

創業家の影響を遠ざけようと会社の経営を行なうが為に会社が凋落しているように見える。

創業者である本田宗一郎の教えを無視し、韓国に購買部門を配置するとか、もうホンダを買う理由もない。

一昨日に記載した記事でも触れたが、衝突試験で運転席ごとペチャンコになる韓国車。

自動車に使われている金属の配合とか違うようにしか見えないだろ。

グシャッとなりすぎだ。

韓国製が2割3割安くても、その後の品質トラブル、納期、新型への対応、値上げなどを考慮すれば、かえって高い物となると思う。

本当にホンダが何を考えているのかよく分らない。

カブを中国生産にして、新型NSXもアメリカでの生産と言う話だ。

部品から何から全部国内で作れとは言わないが、ホンダには日本企業としての誇りを感じない。

こういうメーカーが世界で持て囃され日本企業はすごいと言われても、何だかなぁと思う。

今後のホンダ車の売れ行きに注目だ。




ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
▼『アジア共円圏の時代―さらばアメリカ』邱永漢・渡部昇一(1994年)(PHP研究所)P86抜粋
――――――――――
昔、本田宗一郎さんが私の家に来て食事をごいっしょしたことがありました。
( 中略 )
ちなみに、一番具合の悪かったところはどこですかと、本田さんに尋ねたら、「韓国」とおっしゃった。
「 向こうへ行って、オートバイを作るのを教えた。一通りできるようになったら、『株を全部買ってあげるから、帰ってくれ』 と言われた。どうしましょうか?と下の者が聞いてきたから、そんなこと言われるところでやることはねえよ、と帰国した。その翌日に朴正煕が殺された。」 とのことだった。
――――――――――
Posted by coffee at 2013年05月25日 10:43

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。