【エネルギー】廃業する事業者が続出の『バイオマス発電』 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【エネルギー】廃業する事業者が続出の『バイオマス発電』

 5月10日付け日本経済新聞朝刊によると、住友林業は北海道で国内最大規模のバイオマス発電を始める。自社が保有する林の間伐材を燃料に使い、出力5万キロワットの発電設備を2016年から稼働させる。これで5万〜6万世帯分の電力が供給できるという。

 バイオマス発電は、太陽光、風力などと並んで、再生可能エネルギーの有力候補として期待されてきた。しかし、今回の住友林業のような、成功の期待できるプロジェクトはほとんどないのが現実だ。

 電力関係の専門家は言う。「鳴り物入りでバイオマス発電事業を始めた企業は100社を超えるが、今も事業をしているのは、1割に満たない」。

 一番の理由は、燃料の確保。バイオマス発電は、基本的には廃棄物そのものや、廃棄物から発生するメタンガスなどを燃料に使う。しかし、この廃棄物がうまく確保できない。というのも、ボイラーを傷めないように燃料に使う廃棄物もある程度の“質”が要求されるからだ。このような廃棄物をコンスタントに確保するには、廃棄物処理の専門業者の力が必要。しかし、廃棄物処理業者のなかには、暴力団と関係のある企業が少なくない。住友林業の今回のプロジェクトのように自社で確実に燃料を確保できない場合、闇社会と無関係の廃棄物処理業者を探す必要がある。

 実際、事業を休止、または、廃業したバイオマス発電の多くが、燃料確保ができなかったことが断念の最大の理由になっている。廃棄物によるバイオマスをあきらめ、パーム油の搾りかすなどを東南アジアから輸入した事業者もいたが、結局、コストが高くなり、事業継続できなかったという。

 再生可能エネルギーは世界的に注目を集めている。しかし、事業化は実は、困難を極めている。今、数量的に最も拡大している太陽光発電も、設備の耐用年数10年で設備投資の償却に10年かかるという例がある。政府が「太陽光発電による電力の全量買い取り制度」で高めの買い取り価格を設定しても、これでは投資自体に意味がない。

ソースは
http://economic.jp/?p=19387




このバイオマス発電について考えてみると、利用した廃棄物の残りカスが、また産業廃棄物になるから、その最終処理の費用もかかる。

ゴミを燃やすだけの発電はゴミの質の変動を石油や石炭で調整出来るけど、醗酵プロセス使うバイオマスだと調整が難しい。

効率悪いながらもゴミ償却ついでに発電するって言うならまだ解るけど、発電する為にゴミ集める時点で無理だと思う。

色々と難しい問題が山積みだ。

数社生き残れれば上等だろうし、まだまだ発電事業の主力となるのは難しい。

技術革新がまだまだ必要だ。

研究者の皆さん頑張って、既存の発電設備よりも良い物を作ってください。




ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
やはり、原発が一番!
Posted by coffee at 2013年05月20日 22:07

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。