【鉄道】川崎重工が米ワシントンの地下鉄100両を受注 納期は5年後 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【鉄道】川崎重工が米ワシントンの地下鉄100両を受注 納期は5年後

 川崎重工業は16日、ワシントンを中心に地下鉄を運営する公共交通機関、ワシントン首都圏交通局(WMATA)から、地下鉄車両(7000系)100両を受注したと発表した。契約金額は約1億8400万ドル(約188億円)で、納期は2018年8月を予定している。

 2010年に受注したベース契約のオプション契約が行使されたもので、受注車両の合計は528両、契約総額も10億7千万ドル(1093億円)になる。

 WMATAは、ダレス国際空港への延伸計画や既存車両の老朽化に伴い、新車両を導入した。車両はステンレス鋼製で、デジタルコンテンツ表示装置などの最新システムを備える。

 米国ではオバマ政権が交通インフラの整備を推進している。川崎重工は現地に製造拠点を構えており、需要を取り込みたい考えだ。

 あわせて、成長が続く東南アジアなどへの展開も加速し、2012年度に1299億円だった車両事業の売上高を15年度には1800億円に引き上げる目標を描く。

ソースは
http://www.sankeibiz.jp/business/news/130516/bsc1305161336018-n1.htm




英語だけど、動画が有ったので地下鉄車両のの雰囲気でも。



やはり日本企業の製品はすばらしい。

自動車もだが、電車も日本製、今回の車両はアメリカ国内での製造という話だが日本国企業である川崎重工業の技術力が認められた賜物だ。

これからも色々な国で受注が出来るように気を引き締め、他の追随を許さないような技術革新をこれからもして行くことを望む。




ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
川重おめ!
Posted by coffee at 2013年05月18日 12:06

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。