【交通】暴れる地下水、60m上昇も…首都高・鉄道影響 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【交通】暴れる地下水、60m上昇も…首都高・鉄道影響

 東京都内の地下水位が40年前と比較して、最大で約60メートル上昇していたことが都などの調査でわかった。

 戦後から高度成長期にかけて工場などが大量の地下水を使用して地盤沈下が進み、これを食い止めようと長年にわたってくみ上げ規制を続けてきたためだが、水量が増えたことで地下の構造物では漏水などのトラブルが急増。首都高の延伸工事に遅れが出るなど、新たな問題も生じている。

昔の水位に

 都土木技術支援・人材育成センターが調査している23区内の「観測井戸」は48か所あり、最も深いものは約350メートル。東日本大震災の影響がない2010年の水位と、都がくみ上げ規制を始めた1970年の記録が残る19地点で水位を比較したところ、全地点で15メートル以上も上昇していた。

 水位の上昇幅が最も大きかったのは、板橋区富士見町で約60メートル。墨田区立花で約45メートル、新宿区百人町では約39メートルも上がっていた。都は「板橋区などはかつて工場が多く、大量の井戸水を使用していた。地下水が増えているというよりは、昔の水位に戻ってきているのではないか」とみる。

壁面が剥離

 地下水が増えたことで、思わぬ影響も出始めている。建設中の首都高中央環状品川線は、地下区間の品川区西五反田付近などで、工事中に大量の地下水がわき出たため、品川線の完成は1年延期に。都建設局は、「ボーリング調査に基づく予想とは異なる箇所から水が出てきた。地下水の流れは簡単に把握できない」と頭を抱える。

 大量の地下水の影響は、既存の地下施設にも忍び寄っている。都営地下鉄三田線では今年3月以降、4か所でトンネル壁面の剥離が見つかった。いずれも、漏出した地下水で内部の鉄筋が腐食し、隙間が生じて壁面のコンクリートがはがれ落ちたためだった。

 こうした現象は、これまで都営全線で年1、2件程度しかなかったことから、都交通局が3月から緊急調査を実施したところ、漏水箇所は2100か所以上もあった。都交通局は「地下水が増えれば、対策費も膨らむ」と心配する。

ソースは
http://www.yomiuri.co.jp/homeguide/news/20130430-OYT8T00243.htm?cx_text=03&from=yoltop




東京は元々地盤がゆるく、徳川家康の時代から水辺を埋め立ててきた地域。

地下鉄、地下下水道とあらゆる物を地下に無造作に作り、川のうえには首都高、隣を見れば巨大ビル群。

大地震来たら地下から崩壊し、耐震とか意味なかったと言うような話になりかねない。

日本国の主要機能が一極集中で東京にありすぎて心配材料でもある。

首都機能の分散化は出来ることならやるべきだと思う。

この地下水問題も何らかの対応を取らねばならないだろう。

地下鉄構内などで突然吹き出しでもしたら大パニックだ。

水の圧力というか、力は想像を超えるものが有る。

過小評価は出来ない。

コンクリートの壁など簡単に壊してしまうほどの力も発揮してくる。

地下水を抜けば地盤沈下の危険が出てくるし、ほっとけば地下水の脅威、上手くバランスを取らなくてはならないだろう。




ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
しっかり対策をお願いしたいです。
Posted by coffee at 2013年05月02日 11:28

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。