【賃金】ユニクロショックは地獄の始まり 年収100万円時代にのみ込まれる - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【賃金】ユニクロショックは地獄の始まり 年収100万円時代にのみ込まれる

<労働価値低下の当然の帰結>

 年収300万円どころか、年収100万円が当たり前という地獄の時代が幕開けだ。「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングの柳井正会長兼社長がブチ上げた「世界同一賃金制度」。これによって、サラリーマンの「給料」と「働き方」、「人生設計」までが、ガラリと変わらざるを得ない。

 柳井会長は23日付の朝日新聞で「将来は年収1億円か100万円に分かれて、中間層は減っていく」と言い切った。「新興国での優秀な人材確保」はタテマエで、本当の狙いは別にある。

「長期的には、“賃金のフラット化”によって国内社員の賃金水準は、新興国並みに引き下げられる可能性もあります」と言うのは、「ずっと『安月給』の人の思考法」の著者で経済ジャーナリストの木暮太一氏だ。こう続ける。

「ユニクロはフリース、ヒートテックなど次々とヒット商品を飛ばしてきました。その一方で生産性をあげるために社員教育を徹底し、マニュアル化を進めてきました。利益追求のために必要な企業努力です。しかし、代替の利く仕事は結果的に『労働の価値』の低下を招きます。労働者の報酬が減ってしまうのは当然の帰結なのです。実はこうした経済的な矛盾が日本企業のあちこちで起きています」

 小泉・竹中路線以降、この国では「競争」と「グローバル化」が声高に叫ばれ、外食、電機、自動車、量販店、IT企業……あらゆる業界で効率化が進んだ。賃金は年々下がり、非正規雇用の若者は使い捨てられてきた。

 弱肉強食の競争社会で富を得るのは、一握りの「勝ち組」のみ。彼らとて「寝てない自慢」だけが喜びで、多くが家庭不和を抱えている。真の幸福とは程遠い暮らしが、「世界同一賃金」でエスカレートしていく。

「ユニクロに追随する企業は次々出てくると思います。まずは電機や自動車の生産ラインなどで“派遣社員を途上国と同レベルにする”という動きが表れるのではないか。そうなったら次はホワイトカラーです。IT企業のプログラマーなど、人種が関係ない仕事は『同一賃金に』ということになる。このトレンドは競争が激しい業界ほど顕著になります」(小暮氏)

 世界中で同じ仕事、同一賃金ならば、時を構わず海外に異動させられる。歯向かえば容赦なく首を切られる。いつ自分のポストが見ず知らずの新興国の人々に奪われても、おかしくないのだ。世のサラリーマンは食うのがやっとの地獄の暮らしに唯々諾々と従わざるを得ない。行き着く先は日本企業の総ブラック化だ。

 すでに書店には「年収150万円で僕らは自由に生きていく」という、生涯低年収を前提にした本も並んでいる。はたして年収100万円時代を乗り切る知恵などあるのか。

ソースは
http://news.livedoor.com/article/detail/7631012/




同一賃金なんて可能なのか?

中国人の平均月収1万ですと言っても、日本で1万じゃ中国人も暮らせない。

為替差の調整は難しいだろうし、国によっての物価までは操作できるわけがないのだから同一賃金などと言う発想は出来ないと思うのだが。

それに、日本国には行動基準法で定められた最低賃金というものがある。

年収100万円というのは、最低労働賃金を無視することになり、日本国では通用しないはずではないのか。

なんで日本の経営者はこういうブラックな発想になっちゃうのだろうか。

海外だとグーグルみたいにユニークな試験やったりオシャレな社屋建てたり、やたら福利厚生に力いれまくったり社員を厚遇する方向にいくのに日本企業は逆の方向ばかりダメになるわけだ。

社員も消費者の一部分であり、大事にしなくてはならない。

社員が自信を持って自社を宣伝、アピール出来るような企業でなくては今後上昇は見込めない。

ユニクロは今後ドンドン落ち目となり姿を消すことだろう。

このような発想を持つ者が経営を行っている企業は存続しなくて良いと私は思う。




ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
日本のために、ユニクロを早く倒産させるべき!
Posted by coffee at 2013年04月29日 11:39

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。