【通信】「LTEが最もつながるのはドコモ、高速なのはau」日経BPコンサルが全国1000カ所調査 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【通信】「LTEが最もつながるのはドコモ、高速なのはau」日経BPコンサルが全国1000カ所調査

全国でLTE回線が最も接続しやすいのはNTTドコモで、回線がつながる場所でのダウンロード速度が最も高いのはKDDI(au)。こんな調査結果を日経BPコンサルティングがまとめた。

LTE回線の実測は複数の調査会社が行っており、その結果もそれぞれ異なるが、日経BPコンサルティングが今回実施したのは全国1000カ所を対象にした大規模なもの。調査期間は2013年3月30日―4月15日。他社調査では高評価が少ないNTTドコモが優勢となる結果が出た。

全国1000カ所におけるLTEエリア化率トップはNTTドコモで、97.4%となった。以下はauのAndroidが95.6%、ソフトバンクモバイルのiPhone 5が90.9%、auのiPhone 5が87.1%、ソフトバンクモバイルのAndroidが73.5%と続いた(グラフ参照)。

地域別で見るとNTTドコモは東北、中国、九州でLTE接続が100%。施設別で見ると空港での接続が100%となっている。またauは地域別では関東、施設別では大学でLTEエリア化率が高い。

LTE回線の平均ダウンロード速度はauのAndroidが21.67Mbpsでトップ。ソフトバンクのAndroidが20.78Mbpsでこれに次ぐ。以下はドコモが16.06Mbps、auのiPhone 5は10.72Mbps、ソフトバンクのiPhone 5が9.49Mbps。

au、ソフトバンクともAndroid端末は利用者数が比較的少ないためか高速なデータ通信が利用できるが、iPhone 5は場所によってつながりにくい状況や、ダウンロード通信速度への影響が見られる厳しい結果になった。

なお、アップロード速度についてはauのAndroidが11.11Mbpsと突出して高く、以下はソフトバンクのiPhone 5が5.15Mbps、auのiPhone 5が4.94Mpbs、ドコモのAndroidが4.41Mbps、ソフトバンクのAndroidが3.20Mbpsとなった。

ソースは
http://bizmash.jp/articles/43837.html




やっとキャリアと資本的に繋がりのない第三者調査が出たかという感じ。

今回の結果は、過去の局所での調査と違い全国1000箇所という大規模調査だったためこのような実態が明らかになった。

都市部や地方に関係なく、SBは宣伝とは真逆で繋がりにくいし、LTEへの無理矢理切替で3Gが笑えないほど繋がらなくなっていると言う事も聞いていたからやはりこのような結果になったかと過大広告はやり過ぎだと改めて思った。

繋がりやすさNO.1に疑問を持った人たちもさぞ多いことだろう。

テレビや宣伝に騙されることなく良く自分で調べてからキャリアを選んだ方が良い。

安易なキャリアの乗り換えはやめた方が良い。




ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
>都市部や地方に関係なく、SBは宣伝とは真逆で繋がりにくいし、LTEへの無理矢理切替で3Gが笑えないほど繋がらなくなっていると言う事も聞いていたからやはりこのような結果になったかと過大広告はやり過ぎだと改めて思った。

やっぱり、ソフトバンクのCMは嘘だったのですね!
絶対に嘘だと思っていたが、根拠となる情報に感謝します。
Posted by coffee at 2013年04月27日 17:22
繋がり易さナンバー1は嘘・ソフトバンク虚偽CM・LTEが最もつながるのはドコモ、高速なのはau
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5044.html
Posted by coffee at 2013年04月29日 09:27

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。