【調査】日本の高校生の半数以上が「出世望まず」 進路と職業意識に関する調査 -日本・アメリカ・中国・韓国の比較 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【調査】日本の高校生の半数以上が「出世望まず」 進路と職業意識に関する調査 -日本・アメリカ・中国・韓国の比較

 出世はそれほど望みません−。日本の高校生約2千人に「将来偉くなりたいか」を尋ねた調査で「全く思わない」「あまり思わない」との回答が計53・8%に上ったことが分かった。

 調査は日本青少年研究所などが昨年9〜11月に実施し、米中韓の3カ国でも千〜2千人規模で同じ調査をした。偉くなりたいと思わないと回答した生徒の割合は、米国が17・4%、中国9・2%、韓国27・0%で、いずれも日本より大幅に低かった。

 同研究所の担当者は「日本の高校生は現状で満足する傾向がある。長引く不況の影響で、壁を乗り越えようという意欲が弱まっているのでは」と分析する。

 偉くなることへのイメージは日本の場合、「責任が重くなる」が69・5%で4カ国で最も高く、「力を発揮できる」(37・6%)、「尊敬される」(29・6%)などは低く、出世に良いイメージを持っていないことがうかがえた。

ソースは
http://www.sankeibiz.jp/econome/news/130422/ecc1304220749000-n1.htm




このような意見は容易に想像が出来た。

いろんなところでアンケートを取っているが、いずれのアンケートでも下記のような結果がいつも出ている。

就職したい職業NO.1 公務員
子供についてほしい職業NO.1 公務員
結婚相手に望む職業NO.1 公務員

会社員となってその会社のトップを取ろうなどと考えている学生はほぼゼロ、自ら起業して成功をつかみ取ろうなどと考えている学生も殆どいない。

日本国社会全体が、若者たちのやる気、意欲、色々なものを削ぎ落としている。

頑張って出来なかったというのならともかく、はじめからやる気がない若者が多くなると社会の活気がなくなり日本国の衰退へと繋がる。

志を高くして努力したら、目標点まで達成できなくても平均を目指して生活してきた人よりも高いレベルに到達できる。

理想を捨てるな若者たちよ。


ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
私も若いころは出世欲があったが、今は全くない。
Posted by coffee at 2013年04月23日 21:08

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。