【調査】自民党の「ブラック企業」の社名公表する案…「賛成」が圧倒的多数を占め93・5% - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【調査】自民党の「ブラック企業」の社名公表する案…「賛成」が圧倒的多数を占め93・5%

高校や大学を卒業した後に、正社員として若者を年間で20万人増やすことを柱とした雇用対策に関する原案を自民党雇用問題調査会がまとめた。また、早期離職者を減らすために、原案ではパワハラなど違法で劣悪な労働を強いて退職を迫る「ブラック企業」の社名を公表する案が盛り込まれたことが報じられた。

 この報道を受け、Yahoo!ニュースのクリックリサーチでは「ブラック企業の社名公表、賛成?反対?」とのアンケート調査を実施。4月17日午前11時23分現在の暫定的な結果ではあるが、「賛成」が93.5%(44222票)、「反対」が3.3%(1577票)、「どちらともいえない・わからない」が3.1%(1473票)と、「賛成」が圧倒的多数を占めている。

 投票に加え「賛成」とする人たちからは「もっとも、本当のブラック企業は、あの手この手で事実を隠蔽しようとするだろうから、氷山の一角しか出てこないだろうけどね…」「単価が安い人を使いつぶすブラック企業の公表はとてもいい事だと思う」「経営者は責任取らなすぎである」「法令が守れない会社はそもそも事業してはいけない」などの意見が寄せられた。

 一方で「反対」とする人たちからは「働かない労働者も公開すべき」「曖昧なままがいいというケースもある」「ますますアングラ化、手口が巧妙化するだけ」「優良企業がさらに狭き門になるから反対」などの意見が寄せられている。

ソースは
http://yukan-news.ameba.jp/20130417-244/




程度問題だけど、ブラックの度合いが高い所がどんどん公表されるようになればそれはそれで影響がある。

企業側もブラック企業と名を公表される痛手は大きいと何らかの対応を必ず取るはずだ。

まあ、今はネット検索すれば、ユニクロとかワタミは就職する前にブラックだと分かるのだけどね。

ブラック企業の定義をまずはどこに置くかが一番のポイントなのだろうが、一番重要なのは労働者に対して賃金が支払われないサービス残業を根絶すること。

サービス残業は「労働力の万引き」として社会を挙げて対処しなくてはならない。

自民党、安倍晋三総理はどの位までを公表するつもりでいるのだろう。

ユニクロ、ワタミとか激ブラックは当然としても、多少のブラック企業は山ほどあるだろうし、労働基準法きちんと守ってやってける会社なんて、今現状ではないのかもしれない。

具体的なブラック企業のガイドラインが出てこない限り何ともいえない。

良い方向へ行くことを期待する。




ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
確かにサビ残は辞めてほしい。そもそも基準法という名前の法律を作っているのなら政府も法律を守れない企業にはもっと処罰をきつくするべきだと思う。労働者が自ら申告し裁判までして払って貰うしかないのが現状だし、払えば終わりというのはおかしい。営業停止等の処分をしてほしいわ。企業側としては時間内に仕事を終わらせれない労働者にも責任はあるとか言いたいのだろうけど、そもそも定時以内に終わらせれるような仕事量じゃないのが現状の企業は数多くある。サビ残はある意味国民にとって増税のようなものだろ。企業側が得してるだけだが、国民は増税と替わらない。クソッたれ、どれだけ苦しめばいいんだ。そろそろ一揆が起こってもおかしくない。
Posted by 公開希望 at 2013年04月18日 06:19
これは是非とも公開すべき!
Posted by coffee at 2013年04月18日 23:58
IT操作が未熟なのであまり読んだり書き込んだりはしませんが、一筆啓上。筆者さんは新聞記者でしたね。ブラック企業の定義をどこに置くかが問題とか、ブラック企業のガイドラインが出てこないととか、書いておいでですが、何事にもガイドラインだのマニュアルだのを求める必要はないと思います。それぞれが議論する中でこんなのが「ブラック」だ、と捉えることができればそれでよろしいではないでしょうか。
Posted by zenbo at 2013年04月20日 18:46

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。