【中国】鳥インフル、感染者60人に 死者は13人 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【中国】鳥インフル、感染者60人に 死者は13人

 中国でH7N9型の鳥インフルエンザにヒトが感染している問題で、14日、新たに11人の感染と2人の死亡が発表された。感染は首都・北京と上海の間にある河南省でも確認され、感染が拡散し始めている。

 河南省の政府は14日、65歳の男性と34歳の男性がウイルスに感染していたことを明らかにした。河南省は北京と上海の間に位置し、感染が確認されたのは初めて。これまで感染が集中していた上海とその周辺地域から中国各地に拡散し始めた形。

 14日は、新たに浙江省で4人、上海で3人、江蘇省で2人の感染が確認された。一日で11人の感染が明らかになったのは初めてで、感染が確認された人は60人となった。

 上海では治療を受けていた67歳の女性と77歳の男性が死亡し、死者は13人となった。

ソースは
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20130414-00000033-nnn-int




ついに内陸部にも感染が広がった感じだな。

感染者発見の増加、ペースも上がって来ている。

いきなり今回の地域に飛んで11人発症確認ってことは考えにくいからその周辺の町村でも当然感染している事が考えられる。

中国は保険の充実している日本国とは違い病院に行けない人が多い。

ガンやエイズを患っても病院にかからないで家で寝ているだけと言うのが中国国民の殆どである。

風邪の症状が出たくらいじゃ病院になんてまず行かないだろう。

病院にかかるのは重篤な状態に陥って、薬も自力で飲めなくなってからと言うのが専らの噂だ。

既にパンデミック状態なのかもしれないが、それほど心配する必要も無いのかもしれない。

手洗いマスクなどしていても免疫が無く体力など落ちる人が感染発病し易いんだろう。

H7N9型の鳥インフルも感染発病後、タミフルやリレンザが良く効くそうだ。

発熱後2日以内に病院で処方されれば抜群の効き目で収まる。

それ以降だと効き目が落ちるらしいが、日本も中国も効き目のある薬品の備蓄は沢山ある。

体調異変を感じ発熱したら怠慢せずすぐ病院に行けば大丈夫だ。

現状ではそんなに恐れることはない。




ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
確かに、実際には発表の何十倍、何百倍の患者が居るんだろうな。
Posted by coffee at 2013年04月16日 01:17

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。