【モバイル】ドコモ、今夏にもiPhone投入へ - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【モバイル】ドコモ、今夏にもiPhone投入へ

 2012年度の携帯電話の契約実績は、350万件の純増件数を獲得したソフトバンクモバイルが3年連続首位だったのに対し、最大手NTTドコモはこの半分以下にとどまり、大手3社の最下位となった。上位2社が主力製品とする米アップル社のスマートフォン「iPhone」をドコモだけが扱っていないことが大きな敗因であるのは明らか。打開策として、ドコモは今夏にもiPhoneを投入するとみられる。

 12年度の純増数は、ソフトバンクモバイルが353万600件、auも約50万件増の260万200件と好調。ドコモは約71万件減の140万6500件となった。

 番号持ち運び制度(MNP)による契約者の転入出状況では、NTTドコモが141万300件の転出超過となったのに対し、auは101万500件の転入超過と明暗を分けた。

 MNP制度が始まった06年10月からの累計では、ドコモの転出数は477万620件と500万件に迫る。KDDIは241万7200件、ソフトバンクは237万4400件の転入超過で、KDDIは12年度と累計の両方でソフトバンクを抜いた。

ドコモは劣勢挽回にはiPhone投入が不可欠と判断したようだ。アップルとの交渉が最終決着すれば、米国で6月の発表がうわさされているiPhoneの新機種を発売する見通し。現行の米グーグル社製基本ソフト(OS)「アンドロイド」搭載スマホの機種を絞り込む一方、iPhoneの投入で巻き返しを図りたい考えだ。

 ドコモの加藤薫社長は「(販売台数の)2〜3割なら扱ってもいい」と述べており、iPhoneの販売台数は年間400万〜500万台程度を想定しているもようだ。






今更という感じがしてならないが、どうなることだろう。

iPhoneをDoCoMoが投入するメリットは?と疑問符が付く。

iPhoneがどうしても使いたいという人達は既に他社に乗り換えており、既存のDoCoMoユーザーはそれほど関心が無いのではないかと思える。

むしろガラケーに力を入れた方が良いと思う。

スマートフォンを器用に使いこなしているのはまだまだ一部の人達で、通話がメインの人達も未だに多いい。

DoCoMoはこの通話メインの層で有るユーザーを大事にして行く必要があると思う。

年配者達は時の流れ、進められるがままにスマートフォンに機種替えを行ったが、電話をかけること、電話に出ることさえもままならない。

そんな人達さえ見受けられる。

シンプルに通話と簡単なメールが出来る安価な携帯電話の方が需要があると私は思う。




ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
遅かったですね。
Posted by coffee at 2013年04月06日 17:08

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。