【ネット調査】生活保護費でパチンコ、発見したら「通報する」は78%…「税金で施しを受けながらギャンブルなど論外」 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【ネット調査】生活保護費でパチンコ、発見したら「通報する」は78%…「税金で施しを受けながらギャンブルなど論外」

 3月27日に兵庫県・小野市で生活保護費をパチンコなどで浪費することを禁止する条例が市議会で可決された。

 条例では、生活保護費の受給者がパチンコだけでなく競馬などで浪費することを禁止しており、市民が受給者の浪費を見つけた場合に、市への通報を義務づけている。罰則規定はなく、条例は4月1日から施行される。
 
 この条例に一部の人や弁護士会から「監視社会になる」と心配する声もあるが、Yahoo!ニュースのクリックリサーチでは「生活保護でギャンブル、みつけたら通報する?」との意識調査(実施期間:2013年3月26日〜2013年4月6日)を実施。3月29日午後12時15分現在の暫定的結果ではあるが、「通報する」と回答する人が78%(42006票)、「通報しない」とする人が13%(6943票)、「どちらともいえない/わからない」が10%(5277票)との結果が出ている。

「通報する」とする人たちからは「税金で施しを受けながらギャンブルなど論外」「生保受けずにするなら好きなだけやればいいと思う」「国から遊ぶ金もらってるとかふざけてんのか?」など、一方の「通報しない」とする人たちからは「誰がナマポかわからないのに、できるわけがない」「息抜きくらいさせてあげたら」「逆恨みが怖いから通報しない」などの声が寄せられている。

ソースは
http://yukan-news.ameba.jp/20130329-302/




パチンコや風俗は行けるけど病気なので働けません。

流石にこの意見は通用しないと思う。

生活保護は、日本国憲法第25条の「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。」と言うのに基づいて行なわれているわけだが、ギャンブルは「健康で文化的な最低限度の生活」に該当するのか?って事。

普通に考えて、該当するとは考えられない。

このような浪費はきちんと働き自分で得た収入の範囲内で行うのが本来である。

他人様から頂いたお金で行うなど言語道断。

パチンコなんか行っても息抜きにならないだろし、逆に働く気力を抜かれて生き抜きになってしまうのではないか。

だいたい椅子に座って台を眺めているだけでは、息抜きにならん。

ジョギングでもしていたほうがよほど息抜きになると私は思う。

汗水流して働いた給与より天引きされた税金がこのような使われ方をしていると思ったら誰でもおかしいと思うのが普通の考えだろう。

このような人達へと回るお金を無くすことが出来たならばもっと有意義なお金の使い道が有るかもしれない。

本当に生活保護が必要な人達はこのような事はしないと私は思う。




ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
生活保護受給者がパチンコなんてトンデモもない。
これは、小野市の条例ではなく、日本の法律にするべきです。
Posted by coffee at 2013年03月31日 13:03

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。