【熊本】おいを赤ちゃんポストに預け母親の生命保険を着服、ギャンブルで使い果たした後見人に実刑 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【熊本】おいを赤ちゃんポストに預け母親の生命保険を着服、ギャンブルで使い果たした後見人に実刑

 熊本市の「赤ちゃんポスト」においを預け、未成年後見人の立場で管理していた財産を着服したとして、業務上横領罪に問われた住居不定、無職横手則夫被告(50)の裁判で、さいたま地裁熊谷支部は26日、懲役4年6月(求刑・懲役5年)の実刑判決を言い渡した。

池本寿美子裁判長は「後見人制度への信頼の根幹を揺るがした。現在9歳に過ぎない被害者にとって亡母の命の引き換えともいうべき財産を失い、その結果は極めて重大」と述べた。

 判決によると、横手被告は、埼玉県内で同居していた妹が交通事故で死亡し、2004年、遺児となった男児の未成年後見人に選任されたが、06年7〜8月に男児に支払われた生命保険金など6801万円を引き出して着服した。07年5月に、当時3歳の男児を熊本市の慈恵病院「こうのとりのゆりかご(赤ちゃんポスト)」に預けた後、競輪などのギャンブルで金を使い果たし、11年5月に愛知県内の警察署に出頭した。

ソースは
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130326-OYT1T01109.htm




約7000万をギャンブルで使用するって凄い事だな。

パチンコやギャンブルにはまっている人の人間性が良くないのがよくわかるだろう。

7000万もあったらバイトの必要性も無いし、大学までの学費と学習費と習い事の費用と生活費と考えられる出費は全て賄えるくらいの十分すぎる金額だったと思う。

亡くなった母親の最後の愛情を意図も簡単に、無慈悲な仕打ちとしか言えない。

裁判の結果も微妙な判決だ。

4年半で6801万円の横領。

金銭的な面だけを考えたら、普通に働くよりもかなりいい。

4年間、好き勝手においの金を使い、それから4年半刑務所暮らし。

無論その後には無職で前科者という悲惨な人生とおいへの弁済責任は残り、この外道の残りの人生に置いて働く場所もなく、生活保護などから強制徴収してもその内のいくらくらいを回収できるのやら。

この世の中に置いて一連の報道を見ていて不思議に思う事がある。

不思議なのは、テレビゲーム好きの人間が罪を犯すと報道の中で「ゲームを規制するべき」「ゲームの弊害」という意見が出るのに対してパチンコ好きの人間に絡んで無数の凶悪犯罪・死亡事例が起こっても、「パチンコを規制するべき」という意見が全く出ないという点である。

ギャンブルのあり方をもう一度考え直した方が良いと思う。




ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
ギャンブルは治らないと思いますね。
パチンコに至っては、病気。
精神疾患。
死ななきゃ治りません・・
Posted by ケンケン at 2013年03月27日 08:06
人間のクズ!
甥のために臓器を全て売って死ね!
Posted by coffee at 2013年03月27日 22:16

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。