【建設】中国「世界第二の高層ビル」、違法コンクリートで建設中断 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【建設】中国「世界第二の高層ビル」、違法コンクリートで建設中断

深●(=土へんに川)市内で、完成すれば中国一、世界でも第二の高さとなるビルを含む複数のビルの建設が中断されている。建設現場で脱塩処理されていない海砂が使われていることが発覚し、多くの業者が作業停止を命じられたためだ。

 中国当局の調査によると、深●(=土へんに川)(シンセン)市内の建設現場で、脱塩処理されていない海砂が使われていることが発覚した。このため、市内の多くの業者が作業停止を命じられ、少なくとも15棟のビル工事が中断されている。その中には、完成すれば中国一の高さとなる予定のビルも含まれている。

 「平安国際金融中心」と呼ばれるこのビルは、計画では高さが660mで、中国で最も高いビルになるだけでなく、世界でもドバイにある「ブルジュ・ハリファ」に次いで2番目に高いビルになる。このビルは現在80mの高さまで建設されたが現在、建設工事が中断している。

 深●(=土へんに川)市の住房城郷建設局が3月16日(現地時間)にウェブサイトに掲載した公示によれば、31の企業に、少なくとも半年間の営業停止処分が科されている。

 脱塩処理されていない海砂は川砂よりはるかに安いが、鋼鉄を腐食させる塩素や塩を含んでいるため、建設には適さない。処理されていない海砂がコンクリートに使用された場合、建物は20年〜30年ほどで危険な状態になる可能性がある。

 中国では現在、世界で最も高い20のビルのうち9棟が建設されているほか、2011年に建設が開始された高層ビルが非常に多くあることから、これから2014年までの間は、新しい高層ビルが5日に1棟のペースで完成するとされている。

 中国の建設会社である遠大集団(Broad Sustainable Building)は、世界一高いビル「空中城市(SkyCity One)」(838m、220階)をわずか90日で湖南省長沙市に建設すると大々的に宣伝した。だが、技術者らからはあまりに非現実的だとして懐疑的な反応が寄せられている。

ソースは
http://sankei.jp.msn.com/wired/news/130322/wir13032216390001-n1.htm




珍しいこともあるものだ。

途中でやめさせるなんてね。

80mまでの建築で止まってよかった。

660mまでこのままビルの建築が進んで完成してしまえば、ビルの倒壊を考えると相当数の犠牲者が出ることが予測され世界最大の人的災害となったことだろう。

この事から想像するにかなり昔から行われていたと言うことも推測できる。

後何年かするとビルの倒壊事故が起こるかもしれないし、地震などが起これば直ぐにでも崩壊してしまいそうだ。

違法建築で自らの命を落とす日もそう遠くはないのかも知れない。

やはり中国という国は日本人には考えられないことが日常の至るところで怒っているのだろう。

こう言う事があるから中国人は信用できない。




ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
支那ではよくある違法建築だが、途中でやめることは確かに珍しい。
Posted by coffee at 2013年03月24日 12:26

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック

フジが浅田真央をドクロで隠した韓国の映像を使用・サムゲタンのアニメが卒業式から国歌斉唱を削除
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 3月20日、韓国のテレビで放送された番組の1シーン。 バンクーバー五輪の表彰式の映像だが、浅田真央選手がドクロで隠されていた..
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2013-03-24 12:27
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。