【経営戦略】パナソニック、携帯事業も売却検討 台湾端末メーカーなど候補 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【経営戦略】パナソニック、携帯事業も売却検討 台湾端末メーカーなど候補

プラズマ含め整理加速

 パナソニックが携帯電話事業の売却を検討していることが18日分かった。台湾の大手端末メーカーや半導体大手が候補に浮上。パナソニックは同事業の赤字体質を抜本的に改善するため、法人向けスマートフォン(高機能携帯電話)サービスの展開を並行して検討している。今後は金額などの条件面と収益改善のスピード感とを見極めながら、存続と売却の両面で事業を進める方針だ。

 パナソニックはスマホについて、米マイクロソフトと提携し通信セキュリティーや頑丈さ、他の機器との連携性に優れた法人向け端末の事業化を検討している。早期に収支の好転が望めなければ、事業売却も選択肢に入れる大規模な改革に踏み切る。

 すでに売却先として、世界シェアを伸ばす台湾の家電大手HTCや世界最大の半導体受託製造、TSMCなどが候補に挙がっているという。

 ただ、事業売却では価格や雇用維持など、条件面での交渉も必要となる。折り合いが付かなければ、売却しない可能性もある。

 パナソニックは策定中の平成25〜27年度の中期経営計画で、同社の象徴だったプラズマテレビ事業からの撤退を決断するなど全社的に収益構造の転換を急いでいる。業績悪化の主因となった事業を整理し、構造改革の進捗(しんちょく)を明確にするのが狙いだ。

 プラズマテレビパネルを製造する尼崎工場(兵庫県尼崎市)の縮小や、中国・上海の組立工場の停止で生産台数は絞られており、「プラズマテレビの終了は時間の問題」(同社関係者)だった。プラズマディスプレーは今後、電子黒板など業務用のニーズに特化する。

 今後のテレビ事業として、パナソニックはプラズマの技術者を、液晶や有機EL(エレクトロルミネッセンス)ディスプレーにシフトし、製品化を急いでいる。液晶パネルを製造する姫路工場(兵庫県姫路市)に昨秋、有機ELディスプレーの試作ラインを設置した。同社の電子部品の研究所(京都市南区)から開発部隊を移し、研究開発体制を強化した。

 有機ELテレビの製品化では、量産技術で連携するソニーに加え、官民ファンドの産業革新機構も出資した別会社を作る方向で調整している。パナソニックは投資負担を減らし、製品化のスピードを上げるなど、構造改革を全社に徹底する方針だ。

ソースは
http://www.sankeibiz.jp/business/news/130319/bsb1303191017003-n1.htm




先進性より利益率を選ぶと、GEと同じように、保険、重電、白物家電の構成になる。

GEのようになるのかと考えて見ても重電分野がないパナソニックは先細りが一層進み最終的には企業として存続価値がなくなってしまうかも。

これからリストラの嵐で、人員を半分くらいまで削る事が予想できる。

アップルのジョブズは、ずーっと年間1ドルの給与だった。

株式配当もなし。

日本の会社は、赤字でも高い給与、贅沢な福利厚生、優秀な経営者揃えているね。

本当に会社を建て直したいのならますは経営陣が目で見て計るような痛みを乗り越えねばならないと思う。

底辺の社員ばかりにしわ寄せを押しつけるのはそろそろ止めにして欲しい。

底辺の社員のような一般庶民に企業は買い支えられていると言う事を認識した方が良い。

お金持ちとそうでない人々の総数では絶対値が違う。





ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
支那と仲良くした会社の末路だ。
Posted by coffee at 2013年03月20日 13:12

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック

ロボットに韓国登場NHKスペシャル「ロボット革命〜人間を超えられるか」・ロボットの軍事転用
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 3月17日放送NHKスペシャル「ロボット革命〜人間を超えられるか」より http://www.nhk.or.jp/s..
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2013-03-20 13:12
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。