【労働環境】"ヤクルトレディ"700人を正社員に 年収は150万円→200万円 - 群馬ヤクルト - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【労働環境】"ヤクルトレディ"700人を正社員に 年収は150万円→200万円 - 群馬ヤクルト

群馬ヤクルトはこのほど、業務委託契約(一部パート契約)を締結している販売員「ヤクルトレディ」約700人を4月から順次、正社員化すると発表した。

ヤクルトレディは、個人事業主として同社と業務委託契約を結んでいるが、本人の希望に応じて順次、正社員化する。給与は完全歩合制から一部固定給となり、平均年収は約150万円から約200万円にアップする。また、社会保険などについても適用されるという。これに伴い、同社の人件費は現在の約10億円から約12億円に増加する。

同社は併せて、宅配業務に使用しているガソリンオートバイについて、全て超小型電気自動車(以下、EV)「COMS(コムス)」(トヨタ車体)に切り替えると発表。同社は1999年よりEVのテスト導入を開始し、以降、現在までに約200台のEVを宅配業務で使用している。2012年7月には、「COMS」の新型車発売を受けて100台の入れ替えを終了。今回の切り替えにより、500台までの拡大を予定している。

新型「COMS」は、CO2排出ゼロ、低走行音などの特長はそのままに、旧型「COMS」と比較して、LCA(ライフサイクルアセスメント:製品のライフサイクル全体での環境影響を定量的に評価する手法)を約10%低減した環境負荷の少ない車。従来オートバイで行なっていた宅配業務を、ルーフとキャンバスドアを備えた「COMS」に切り替えることで、悪天候時にも安全な労働環境の提供が可能になるという。

同社は、「ヤクルトグループのコーポレートスローガンである"人も地球も健康に"の実践を目指し、群馬県全域で労働環境の改善と宅配業務におけるCO2のゼロエミッション化に向けて取り組んでいく」としている。

ソースは
http://news.mynavi.jp/news/2013/03/18/087/index.html




ヤクルトレディーの現状を始めて知ったが、歩合制で年収150万、これは正直キツいな。

これ歩合制で平均値だから年収100万以下もゴロゴロいるだろうし、元請けが儲けすぎではないか。

正直200万円の年収にアップしたとしても少ない気がするが、正社員なら厚生年金とか社会保険とか付くだろうから年収以上の価値はあると思う。

このような賃金のアップがもっともっと広がって行けば日本の未来はより明るくなる。

一般庶民の年収を遙かに上回る大企業の経営陣の皆様方が、自分たちの給与を少しでも減らせば、そのお金で雇用を増やしていければ、日本国の景気はどんどん回るのではないかと思う。

企業側の利益が出てからと言うのではやはり遅いのかも知れない。

企業側が有り余る社内留保を崩してでも先に購買意欲を湧かせるように賃金のアップは必要なのではないか。

お金は天下の回りもの。

いずれかは必ず戻ってくる。




ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
従業員も安定するから、雇用する側もかえって良いようですね。
Posted by coffee at 2013年03月20日 01:48

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック

在日特権とマスコミ支配は事実!春のザイトク祭り不逞鮮人追放キャンペーンデモ行進in新大久保
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 「仲良くしようぜ!」なんて、お断りします!! 春のザイトク祭り 不逞鮮人追放キャンペーン デモ行進 in 新大久保 ..
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2013-03-20 01:48
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。