【資本提携】シャープ、サムスンと資本提携へ - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【資本提携】シャープ、サムスンと資本提携へ

経営の立て直しを急ぐ大手電機メーカーの「シャープ」は、台湾の大手電子機器メーカー「ホンハイ精密工業」から出資を受ける交渉が進展しないことから、新たに、最大のライバルとして競合してきた韓国の「サムスン電子」と資本提携することで、最終調整に入ったことが明らかになりました。

シャープは去年3月、台湾のホンハイ精密工業からおよそ660億円の出資を受けることでいったん合意しました。
しかし、出資の条件など提携の具体的な内容で折り合うことができず、交渉はこう着状態が続いています。
こうした状況のなか、関係者によりますと、シャープは新たに韓国の「サムスン電子」から100億円規模の出資を受けることで最終調整に入ったことが明らかになりました。
また、液晶パネルをサムスンに長期的に供給する業務提携も行う方向で協議を進めています。
この提携でシャープは、大幅な赤字で悪化した財務基盤を改善するとともに、液晶パネル工場の稼働率を上げることを目指し、サムスンは液晶パネルの安定した調達ルートを確保するのがねらいとみられます。
シャープは、これまでに複数の海外メーカーとの間で出資の受け入れや提携の交渉を進めてきましたが、主力の事業で真っ向から競合してきた最大のライバルと新たに提携することで、経営の立て直しを目指すことになりました。

ソースは
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130305/k10015978941000.html




この選択から分かることは、シャープはなんとしてでもキャッシュが欲しいと言う事が分かる。

しかし、先がないと思われているからまともな業務提携、出資等で資金を提供してくれるのがサムスン位しかいなかったと言う事。

シャープはとにかく色んな所に敵を作りすぎた事が今の窮地の原因だと言うことを経営陣は思い知った方が良い。

ホンハイが救わない、インテルとの交渉もいつの間にか消えている。と言う事はシャープという企業はそれなりに身勝手な事やったのだろ。

もう救う余地はない。

高機能液晶のIGZOや中国での空気清浄機の販売拡大による、明るい見通しが一気に暗くなったと言える。

日本国民のシャープ離れは格段と進むことだろう。




ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
私は昔からシャープが嫌いなのでシャープ製品は何もありませんが、それにしても情けない。
法則発動で滅びると思います。
Posted by coffee at 2013年03月06日 21:33

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック

TPP問題で西田砲炸裂!テロ朝「ビートたけしのTVタックル」動画あり・メリットは殆ど無し
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 3月4日放送のテロ朝「ビートたけしのTVタックル」は、西田昌司議員が初めて出演し、TPP問題と日韓関係を中心に討論が行わ..
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2013-03-06 21:34
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。