【自動車】TPP、自動車分野で先行協議へ 「軽」優遇 見直しなど焦点 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【自動車】TPP、自動車分野で先行協議へ 「軽」優遇 見直しなど焦点

 政府は環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉参加に向け、米国が懸案としている自動車分野の協議に着手する。

 安倍晋三首相は週内にも参加表明する見込みだが、米国の承認には大統領が90日前に米議会に通告するルールがあるため正式な参加決定は6月以降になる。そのため交渉を主導する米国と自動車分野で先行して協議し、交渉参加を円滑に進める方針だ。

 米国側はこれまでの事前協議で自動車や保険分野の日本独自のルールなどを「非関税障壁」として改善を求めてきた。日本側は安易なルール見直しには応じない構えだが、交渉参加を前に事務レベルで懸案を解消する姿勢を示すことで米国の参加承認につなげたい考えだ。

 具体的には、軽自動車の税制優遇見直しや安全基準審査の簡素化などが焦点になる。自動車税では普通車は年2万9500円以上なのに対し、軽自動車は年7200円(軽トラックは4000円)と割安。

 米自動車団体などはこの税制優遇が大型中心の米国車の販売不振につながっているとして、見直しを要望していた。

 また、安全基準の認証審査では「輸入車特別取扱制度」の適用拡大が検討されている。同制度は書類審査のみで、通常のサンプル車両の審査を免除するため、審査期間を2カ月から1カ月程度に短縮できる。ただ、日本への輸入が年2000台以下の車種に限られているため、米国側はこの台数を引き上げるよう求めている。

 自動車分野では米国が普通車に2.5%、トラックに25%の関税をかけているのに対し、日本は関税ゼロ。このため米自動車団体にとっては関税撤廃による日本車の流入増に警戒心が強く、日本のTPP交渉参加に反対してきた。

ソースは
http://www.sankeibiz.jp/business/news/130226/bsa1302260815006-n1.htm




よく考えて欲しい。

ベンツもBMWも軽自動車なんか作ってないのにちゃんと利益を上げ日本国内での需要がある。

これはアメリカ側の単なる言い訳に過ぎない。

TPP問題について懸念事項が、マスコミのミスリードにより農業だけに特化した聖域作りとなりこのような自動車や保険と言った重要分野が軒並み開かれ思いも寄らぬ方向へ転がり出すかも知れない。

農業も重要かも知れないが、このような分野の見落としは避けるべきであり、農業よりも重要だと私は考える。

農業を行っている人達も軽トラック等の優遇措置がなくなってしまえば大変になるのではないかと思う。

結論から言ってしまえば、アメリカが軽規格の優秀な自動車造って日本に輸出すれば済む話だ。

このような優秀な軽自動車が入ってくれば日本人は喜んで買うだろう。

それに、日本では軽自動車が税制上優遇されているが、アメリカにもトラックを税制優遇する制度がある。

軽自動車優遇をやめろというなら、アメリカでもピックアップトラックなどのトラック優遇をまず先にやめなきゃ話にならない。

はてさてこの問題の着地点はどのようになるのだろうか、よく見て行きたい。




ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
>結論から言ってしまえば、アメリカが軽規格の優秀な自動車造って日本に輸出すれば済む話だ。

そのとおりだ!
素晴らしい正論だ!
Posted by coffee at 2013年02月27日 21:22

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック

韓国、円安で断末魔の叫び「円安空襲」「円安は沈黙の殺人者」・デフレ地獄突入!国家破綻の危機
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 韓国は島根県が主催した「竹島の日」式典に対抗して、日本製品の不買運動を始めた。 画像は、韓国の民間団体が飲食店やスーパーなど..
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2013-02-27 21:23
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。