【尖閣問題】中国が尖閣周辺にブイ設置 日本のEEZ アンテナ多数、潜水艦把握狙う - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【尖閣問題】中国が尖閣周辺にブイ設置 日本のEEZ アンテナ多数、潜水艦把握狙う



 中国が沖縄県・尖閣諸島の周辺海域に「海上ブイ」を設置したことが21日、分かった。設置場所は排他的経済水域(EEZ)の境界線である「日中中間線」の日本側で、中国による構造物設置は国連海洋法条約と国内法に違反する。ブイには多数のアンテナが備えられており、音や海中データを収集・分析することで海上自衛隊の潜水艦の動向を把握する狙いがあるとみられる。

 政府が海上ブイを確認したのは今年に入ってから。尖閣と日中中間線の間の海域に設置され、海上保安庁はブイを撮影した。21日にも中国の漁業監視船が尖閣周辺海域で領海侵入し、日本の領海・領空への攻勢を既成事実化していることに加え、不当な行為がまたひとつ明らかになった。

 中国が設置したブイはアンテナの多さが特徴で、政府は通信機器も多数搭載していると分析。放置すれば、海中の音波から潜水艦ごとに固有のエンジン・スクリュー音を特定され、尖閣周辺での海自潜水艦の動きを確認される恐れがある。音波の伝わり方など海域によって異なる基礎データも蓄積されてしまう。

 中国の海上ブイは過去に南シナ海でも問題化している。一昨年5月、南沙諸島の領有権をめぐりフィリピンとの緊張が高まる中、中国海軍艦艇などが南沙海域に突如、ブイを設置、フィリピン政府は抗議した。

 日中のEEZの境界線は、両国の海岸線から等距離の日中中間線だが、中国側は沖縄諸島の西側まで広がる大陸棚の東端「沖縄トラフ」を主張。中間線付近にはガス田もあり、中国は平成20年、継続協議対象で現状維持すべきガス田「樫(かし)(中国名・天外天)」で不当な掘削を行っている。

 海洋法条約と国内法の「排他的経済水域と大陸棚に関する法律」では、構造物設置や科学調査はEEZを管轄する国にしか認められていない。海保の政策評価広報室は産経新聞の取材に、「一般論として構造物設置は海洋法条約に反している」と説明。中国が海上ブイを不当に設置したことについては「担当に事実関係を確認中」と回答した。




これはもう単なる挑発行動ではないと言えるのではないか。

確実に軍事行動のための下準備だ。

こんなのが幾つも設置されてしまえば日本国の海上活動が全て筒抜けになってしまう。

何とかしなくてはならない。

何れは尖閣諸島にも上陸し構造物を建築し出す恐れもある。

これに強攻策をとれば一気に開戦へと舵を取ると言うことも考えながら慎重に対応して行かねばならない。

安倍晋三総理は今のところほっとこうと言う考えのようだが、手遅れになる前に何らかの対応を取る必要がある。

まあこれも想定内と言う事なのだろうか、シミュレーションどおりの行動であって欲しい。

日本国の防衛省も無能では無いだろう。




ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
まず、日本は核武装しておかなければならない。
そして、尖閣で舐めた真似した支那軍を先制攻撃すべし!
Posted by coffee at 2013年02月23日 19:56

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック

朴槿惠を竹島不法上陸で告発!「維新政党新風」代表鈴木信行が韓国次期大統領を松江地方検察庁に
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 2月21日、出入国管理及び難民認定法違反容疑で、島根県の松江地方検察庁に告発された朴槿惠(パク・クンヘ)次期韓国大統領 朴槿..
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2013-02-23 19:57
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。