【話題/車】大阪の運転手たちが明かす「EVタクシーはツライよ」--納車から2年、フル充電での走行可能距離はわずか50kmに劣化 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【話題/車】大阪の運転手たちが明かす「EVタクシーはツライよ」--納車から2年、フル充電での走行可能距離はわずか50kmに劣化

エコエネルギー振興の切り札として、大阪でEV(電気自動車)タクシーが導入されたのは2011年2月のこと。

「新エネルギー関連産業を育てようと、府が日産自動車、タクシー会社約30社の協力を得て50台のEVタクシー(日産のリーフ)を導入しました。1台につき府から100万円、国から78万円の補助金が出るため、タクシー会社は1台のEVタクシーを割安価格の200万円で導入できました」(大阪府・新エネルギー産業課)

タクシー業界の期待も大だった。

「何しろ運転していて疲れない。揺れ、ノッキングがなく、滑るように走る。電気代もガソリン代よりはるかに安くて済むし、故障も少ない。将来はEVタクシーが主流となるのは間違いない」(大阪市内のあるタクシー会社)

そんな評判を聞きつけてか、JR大阪駅に隣接するデパート脇に設けられたEVタクシー専用乗り場には、乗客が連日、行列をつくったものだった。

あれから丸2年。福島第一原発での事故もあって、新エネルギーへの期待はますます高まっている。このEVタクシーの人気もさらに沸騰しているはずと思っていたら……あれれ? 乗り場が閑散としている。以前なら20台以上のEVタクシーが列をつくっていたのに、今はポツリと1台きり。順番待ちの客はゼロだ。

いったい、どういうこと? 1台きりのEVタクシーに乗り込み、運転手にワケを聞いてみた。

「あきまへん。さっぱりですわ。売り上げも普通のタクシーの半分以下。とてもじゃないけど、EVタクシーは商売になりません」

なんと、鳴り物入りでデビューしたのに、わずか2年でEVタクシーの評価はガタ落ちしていたのだ。その運転手が続ける。

「とにかく電池の劣化が激しい。新車時は1回の充電で100km以上走行できたのに、2年後の今はわずか50kmほど。そのため長距離の客は断らざるを得ない。これでは売り上げが上がりません」

省エネ仕様のガソリン車だと、リッター当たり25kmくらいは走る。ということは、このEVタクシーは2リットルしか入らないガソリン車と同じってこと? それじゃ、まともな営業ができるはずがない。

電池劣化とともに、急速充電にかかる時間も増えた。電池容量半分の充電で約15分から約40分と、倍以上になってしまったとか。

「しかも、頼りの急速充電スタンドは大阪市内に8ヵ所しかない。そこまでの所要時間を足すと、充電に1時間以上もかかってしまう。充電は一日に6、7回は必要なので、それだけで計7時間近い時間がロスとなる。やってられませんよ」(運転手)

その車内を見渡すと、運転席周辺に使い捨てカイロがゴロゴロ。

「ヒーターを入れると、電力が消費され、ただでさえ短い走行距離が一気に20kmも短くなってしまうんです。だから、ガマン。使い捨てカイロで暖をとっているんです。車内に毛布を持ち込んでいる運転手もいますよ」(運転手)

いっそ廃車にしてしまえば?

そんな記者のつぶやきに、あるタクシー会社の幹部はこう言って首を振る。

「補助金をもらう条件は最低でも3年間、EVタクシーを運行するというもの。だから、どんなに売り上げが上がらなくても、もう1年間はこのままEVタクシーを走らせるしかないんです」

一日の走行距離が50km以内で済むような一般ユーザーならまだしも、年間10万km走行もざらのタクシーにEVを投入すること自体、無謀だったのかも。

前出の運転手がため息をつく。

「実はこの2月でタクシー運転手を辞めるつもりです。EVタクシーでは生活できませんから」

導入から3年後の来年2月、EVタクシーは大阪の街から姿を消してしまいそうな雲行きだ。

ソースは
http://wpb.shueisha.co.jp/2013/02/17/17127/



やっぱりこのような事態に陥ったか。

携帯電話のバッテリーと一緒と言う事だな。

投資額で考えると携帯電話バッテリーのように直ぐに交換できない分、部が悪く洒落にならないな。

タクシーのように業務で走らせていると二年やそこらで、充電回数が設計上の上限を越えてしまうのか、それともバッテリーの劣化が予想以上なのか、どっちなのか。

一般消費者だって、50kmしか走らないのでは使えない。

片道20km圏内であらゆる用事を済ませられるなら、車はいらないだろう。

極めつけはバッテリーが劣化すると急速充電もそんな遅くなると言う事。

これには正直驚いたと共にタクシーのような仕事には使いづらい。

販売する側の日産はこれを承知で販売していたとなるとかなりの悪意を感じる。

ライト全点灯エアコン最強で500km走れとまでは言わないけど、家庭用としても最悪でも150kmぐらいは走らないとちょっと使いづらい。

仕事などで疲れて帰ってきて充電し忘れ次の日に車に乗ろうとしたら動かないって事では困ってしまう。

まだまだ技術の発展途上であり、手を出すのは辞めといた方が良いという事だろう。

この一件から似たような車のハイブリッド車であるプリウスやインサイトと言った車達もバッテリーを搭載しているわけだから何かしらの不具合が出て来そうだ。

ある日突然動かなくなり、ディーラーに問い合わせるとバッテリーの交換が必要です・・・。

部品代や工賃を含めて数十万円を請求され涙目になる恐れも有るかもしれない。

まだまだ私は様子を見ると言うことでバッテリー搭載車には手を出したくない。




ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
バッテリーには、まだまだガソリンの代替は無理。
太陽光や風力には、永久に原子力の代替は無理。
Posted by coffee at 2013年02月19日 23:05

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック

NHK「夫婦別姓賛否分かれる。いずれも36%」・実際には容認35.5%、反対36.4%
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130216/t10015566751000.html 選択..
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2013-02-19 23:05
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。