【社会】 女子中学生、授業中に携帯電話さわり先生に注意されるも無視→授業終了後、先生が平手で頭叩く→問題に…三重 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【社会】 女子中学生、授業中に携帯電話さわり先生に注意されるも無視→授業終了後、先生が平手で頭叩く→問題に…三重

 三重県名張市の市立中学校で昨年12月、男性教諭が女子生徒の頭をたたいていたことが14日、同市教育委員会への取材で分かった。女子生徒にけがはなく、市教委は男性教諭を口頭による厳重注意とした。

 市教委によると、女子生徒が授業中に携帯電話を触っていたため、授業をしていた別の教諭が注意。女子生徒が言うことを聞かなかったため、授業終了後、男性教諭が呼び出して注意している際に女子生徒の頭を平手で1回たたいた。

 男性教諭は「素直に非を認めなかったので手をあげた」と話している。男性教諭は直後に女子生徒と保護者に謝罪したが、女子生徒は数日間欠席したという。

 市教委は2月上旬に学校からの報告で把握。男性教諭による体罰は他には確認していないとしている。和南義一学校教育室長は「体罰は許されない。教員の指導を徹底し、再発防止に努めたい」としている。

ソースは
http://sankei.jp.msn.com/life/news/130214/edc13021412580000-n1.htm



これは教師がいたたまれない。

携帯を取り上げたら取り上げたで問題になるのだろうし、完全に教師を舐めて切っていて言葉だけの注意じゃ言う事を聞かないから突発的に手が出てしまったと言うこと。

言葉で効かない相手にはどうすればいいのだ?

体罰、体罰と世間では騒がれているが、こんな事では教師がどんどん舐められて教育の現場が崩壊して行くのが目に見える。

この事態が進んで行き教師は生徒側に生殺権を完全に握られ、少し強めに生徒を叱っただけで「言葉の暴力」と訴えられ、先生がクビになってしまう時代になってしまうのではないだろうか?

言い過ぎかもしれないが、十分に考えられることだと思う。

次の世界を担う子供達の教育現場について本気で考えねば行けない。

このような教育現場で育った子供達が大人になっても、社会の厳しさの中では生きて行けないのではないか。

社会、職場では当たり前のことだが、上司、同僚、部下を選ぶことは出来ない。

自分で会社を立ち上げない限りはこれらの間に挟まれ、自分の思い通りに行動できないときが必ず来る。

これらの時、このような子供達はどうするのだろうか?

とても恐ろしい想像しか出来ない。




ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
言っても駄目な奴は、体罰で教え込むしかないのです。
Posted by coffee at 2013年02月16日 11:42

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック

輿石東を農地法違反で告発!悪質な転用と原状回復の偽装!徹底追及を!・山梨県教組の政治活動問題
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 農地法違反で告発された前民主党幹事長の輿石東 輿石東が農地法違反で告発された! まずは、輿石東の違法行為の概要をw..
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2013-02-16 11:43
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。