【五輪】 レスリング五輪除外の裏に「韓国マネー」か - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【五輪】 レスリング五輪除外の裏に「韓国マネー」か

 本当に競技実態だけの理由なのか−−。世界のスポーツ界に衝撃を与えた国際オリンピック委員会(IOC)理事会による“レスリング除外”決定は、一夜明けた13日も波紋を広げた。東京が開催に立候補している2020年五輪で実施する中核競技からレスリングを外した判断を「死刑宣告」に例える元五輪金メダリストも。人気度や国際レスリング連盟(FILA)の組織体制への低評価が除外要因として浮かび上がった一方、不穏な情報もささやかれる。

 スイス・ローザンヌでの理事会決定後、FILA副会長も務める日本レスリング協会の福田富昭会長(71)は日本で一報に接し「寝耳に水だ。どうしてこういうことになったのか。不満だ。外す理由を知りたい」と首をかしげた。

 その一端が13日、明らかになった。AP通信の報道によると、IOCがまとめたロンドン五輪実施26競技の評価報告で、レスリングは人気度やFILAの組織体制などで低い評価だったことが判明。人気度は10段階の5を下回り、テレビ視聴者数やインターネットのアクセス数、メディアによる報道も少なかったと判定された。

 さらに、FILAの意思決定機関に選手代表が入っておらず、女性委員会はなく、理事会に医事専門家もいないとの指摘もあった。

 とはいえ、今回の決定は評価項目をポイント換算して順位をつけ、自動的にレスリングを除外したわけではない。ジャック・ロゲ会長(70)を除く14人の理事が無記名投票を繰り返して、中核競技から外れる1競技を決決定。レスリングは近代五種、ホッケーとの決選投票で敗れた。一部ではかねて「魑魅魍魎(ちみもうりょう)の世界」とも言われるIOCの世界だけに、水面下で政治力が働いたとしても不思議ではない。日本レスリング協会関係者らは悔しそうにこう分析する。

「レスリングはロシアやイランなど、西欧諸国以外で盛ん。西側との太いパイプがなく、なかなかIOCには人気種目ということが伝わらないのかも」「イスラム教の(中東)国では肌や体の線を露出できない。このため、女子が参加できず、偏っていると思われたのか」

 さらに、不穏な情報も聞かれる。今回、除外の最有力候補と目されていたのはテコンドーで、次が近代五種。テコンドーは00年シドニー五輪から採用されたが、判定問題や展開の分かりにくさ、発祥国の韓国にメダルが偏ったこともあり、常に除外候補に入っていた。

 しかし、フタをあけてみれば決選投票にすら残らなかった。多数の金メダルをもたらした競技とあって、国を挙げたロビー活動を展開したのは間違いないところ。ただ、この“逆転劇”には「韓国マネーが動いたのではないか」(日本オリンピック委員会加盟競技団体関係者)。他競技でも国際組織の会長選などが行われる際、韓国の“実弾攻撃”は常に噂されてきただけに、レスリングがその犠牲になった…との見方は少なくない。

 近代五種もIOCの報告では、人気度やテレビ放送などで評価が低かった。ただ、ロビー活動に余念がなかったといわれる。国際近代五種連合副会長のサマランチ・ジュニア氏(53)は前IOC会長の故ホアン・アントニオ・サマランチ氏の息子で、自身もIOC理事の立場にある。

 20年五輪の実施競技はまだ1枠が残っており、5月のIOC理事会による絞り込みを経て9月の総会で決まる。レスリングもその対象で、復活の可能性もある。女子55キロ級で五輪3連覇、同五輪の東京招致アンバサダーも務める吉田沙保里(30=ALSOK)は13日、報道陣の取材に対し「レスリングが外れたらショック」と話した。AP通信によると、シドニー五輪のグレコローマン130キロ級金メダルのルーロン・ガードナー氏(41=米国)は「いきなり死刑を宣告されたようだ」と失望感をあらわにした。

ソースは
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/105373/




当初はテコンドーとカヌーが除外濃厚だったのに、何故かレスリング除外候補になってしまった。

これは疑われても仕方が無いこと。

IOC的にはレスリングよりテコンドーの方が上ってこと。

今後、決定が覆ったとしてもこの事実は揺るがない。

韓国としては前評判で落選危機のテコンドーを救うのを優先し、なんとしても韓国のナショナルフラッグ競技であるテコンドーをオリンピックに残したかった。

テコンドーが残れば似たような競技である日本の空手の採用は無くなるという思惑も有ったかもしれない。

IOC関係者がテコンドーと近代5種のロビー活動を認めていたけど、ロビー活動でどうにでもなるIOCってこと。

簡単に言うと接待しない国、競技はオリンピックから外しますよ。

こう言っているのと同じように思える。

それにしても、レスリングの各階級の名前の意味をよく考えて欲しい。

「グレコローマン」は「ギリシアとローマの」と言う意味であり日本国の伝統競技というよりはヨーロッパの競技という意味合いが大きい。

古代より行われている競技をここに来て外すと言うことは伝統を謳うオリンピックも終わりだなと思う。

見て面白い競技をと言う意見も聞くが、果たしてテコンドーとレスリングを比べた時に普通の人達はどう思うか。

私はレスリングの方が動きがあって面白いと思うのだが、どうだろう。

被害妄想かもしれないが、日本国がメダルを取れる競技がどんどん無くなって行くように思え、これは何かの圧力かと思ってしまう。

もっと公平な判断は出来ないものだろうか。




ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
テコンドーが残ったのは、韓国の買収のためです。
買収と賄賂は、支那朝鮮に伝統文化です。
Posted by coffee at 2013年02月16日 10:42

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック

フジ、TBSに抜かれ4位転落・期待は高島彩・四大陸フィギュア優勝者の日本語コメントをカット
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ フジテレビが放送した「四大陸フィギュア 」の男子では、SP6位のケヴィン・レイノルズ(カナダ)が2種類の4回転ジャンプを計3度..
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2013-02-16 10:43
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。