【企業】ソーシャルゲームに陰り アイテム商法のツケ、2強の活路は… - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【企業】ソーシャルゲームに陰り アイテム商法のツケ、2強の活路は…

 急拡大を遂げてきたソーシャルゲーム業界が、曲がり角にさしかかっている。2013年度の国内市場は12年度見込み比で10%増にとどまり、成長ペースに急ブレーキがかかる見通しだ。携帯電話ユーザーにゲームが浸透するにつれて需要の拡大余地は狭まり、廃止したアイテム商法「コンプリートガチャ(コンプガチャ)」に代わる収益源の不在も響く。頼みの綱となる海外事業もディー・エヌ・エー(DeNA)、グリーの大手2社がともに黒字化が遅れるなど、先行きの不透明さが増している。

 後手後手の感が否めない対応

 「ご心配とご迷惑をおかけし、大変申し訳ない。経営陣、社員一同、同じ間違いを犯さないように一層努力したい」

 グリーの田中良和社長は12日、12年10〜12月期連結決算の発表会見で陳謝した。同社は1月上旬、未成年者に対して設定していた課金の上限額を上回る請求をしていたと公表。当初、対象者は延べ733人で超過分の請求額は2811万円としていたが、その後、対象者は5544人、請求額は4937万円に拡大した。

 健全性をめぐる対応は後手後手の感が否めない。12年には、ゲームで獲得したアイテムを競売サイトなどで現金化する「リアル・マネー・トレード」やコンプガチャが問題化し、各社はコンプガチャの自主廃止を余儀なくされた経緯がある。厳しさを増す業界への視線はボディーブローのように業績にも響く。

 国内市場の成長鈍化は著しい。矢野経済研究所によると、13年度は12年度見込み比10%増の4256億円と拡大を維持する見通しだが、10年度の約3.8倍、11年度の約2倍、12年度見込みの37%増と、年を追うごとに伸び率は縮小している。

 グリーの10〜12月期連結決算は売上高が前年同期比5%減の394億円、本業のもうけを示す営業利益が37%減の142億円と減収減益だった。新作の投入が遅れており、13年6月期の連結最終損益も前期比23〜35%減の310億〜370億円と、従来予想の460億〜520億円から大きく下方修正した。

 「逆輸入」を加速

 厳しさを増す国内の収益環境を補うため大手2社が注力しているのが、海外需要の開拓だ。

 DeNAは11年7月に英語版と中国語版のソーシャルゲームを始め、12年2月には韓国語版も投入。中国の交流サイト(SNS)「人人」、韓国系のネクソングループと提携し、需要の掘り起こしに努めている。

 海外でのヒット作を国内に持ち込む「逆輸入」も進めている。12年5月に英語圏に投入したロールプレーイングゲーム「ブラッド・ブラザーズ」は11月に米国で売り上げランキング1位となり、13年1月に国内でもスマホ向けに配信を始めた。

 一方、グリーは12年6月、米ロサンゼルスで開かれた世界最大規模のゲーム見本市「E3」に初めて参加。7月にはカナダの子会社設立を発表し、韓国への本格参入も果たした。

 だが、海外事業の黒字化は「1〜3月期より先」(DeNAの守安功社長)、「今年度中の黒字化は見えていない」(グリーの秋山仁コーポレート本部長)と、めどが立っていない。海外勢との競争も激しく、コストを抑えながらゲーム課金収入を拡大するのは容易ではない。

矢野経済研究所は「文化や言語、風習の違いを理解し、コンテンツをいかに現地化できるかが重要だ」と指摘する。「ゲーム開発者の争奪戦も世界規模で起きている」(業界関係者)といい、海外事業が収益を支えるようになるには、まだ時間がかかりそうだ。

ソースは
http://www.sankeibiz.jp/business/news/130213/bsj1302130504001-n1.htm




GreeもDeNAも、十分に儲けたから問題ないだろう。

次の事業に手を出せそこで結果を残せば生き残れる。

一番痛いのはソーシャルゲームが流行っているからと参入しだした企業や下請けだろうな。

当然の流れと言われれば仕方が無いこと。

だって、なんにも中身が無いゲームばかりで端末内の絵を集めるだけじゃない。

中身がないくせに、他人との競争心だけはやたら煽って課金させてきた。

しかも、その課金の値段設定の桁が1つおかしいようにさえ感じる。

現在の世の中の物価を無視した価格だと私は思う。

業界の自主団体でガチャの確率を表示するルールが出来たが、とある企業は確率表記が嫌でその業界団体には所属していないと言う。

これは想像だが、ガチャの当選率を課金額で変動、前回の課金日からの経過日で変動、1日の中で時間によって変動とかしているから詐欺紛いの行為がバレるので表記できないのかもしれない。

とある企業のソーシャルゲームでこの事を知らない人間が、一晩に1回315円のガシャを300回以上やって当選、目的の絵がでなかったと聞く。

つまり100万以上使って出なかったと言う事だ。

時間によって当選率を設定しているから、出ない時間には100万どころか1000万、1億使っても出ないってことがこの時にはまだわかっていなかったのだ。

23時59分に当選が出るとしたら、それ以外の時間にいくら使っても絶対出ないガチャ。

こう言う事が平気に行われてきている。

プログラムで何でも操作できてしまうと言う事を現在もソーシャルゲームで課金しながら遊んでいる人達は覚えておいた方が良い。

あなた達は絶好の鴨であると言うことを。




ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
急にもうけ過ぎました。
駄目になるなら、パチンコ業界を道連れにしてほしい。
Posted by coffee at 2013年02月16日 01:33

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック

朝日「中国や韓国と連携を強化すべきだ」北朝鮮核実験で ・支那や韓国は敵国だ・日本は核武装を急げ
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 平壌駅前の大型ディスプレーに映し出された、3度目の地下核実験成功を伝える朝鮮中央テレビを見る市民=2月12日 【朝日新聞..
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2013-02-16 01:34
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。